> 私鉄屋雑記帳
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



甦った旧1000形
今さらですが、先月28日に行われた京急ファミリー鉄道フェスタの様子をアップしたいと思います。
今年の目玉は何と言っても…



1000形!!!!!



引退から7年、長らく無架線地帯に放置されていた1351-1356の2両。
年々塗装は荒れ、ただ朽ち果てて行くのみ…だった彼が、ぴかぴかになって帰ってきました!


鉄道フェスタの時期にしては珍しく澄んだ青空に、目映ゆいばかりの赤い車体。
いやぁ、今にもあの掃除機音が聞こえてきそうですなぁ。
もう何もかも素晴らし過ぎて、ファインダーの向こうは幻なんじゃなかろうか…なんて思いながら、夢中でシャッターを切りました。


ちなみに1000形の撮影は事前応募制とのことでしたが、ありがたいことに通路からでも見える位置に展示されていたので、当選ハガキがなくても思う存分撮ることができました。


名車1形にも負けない、京急の一時代を築いた初代1000形。
しかし、みなとみらいに建設予定の京急ミュージアムへ収蔵されることが決まっている1形に対して、1000形の今後の処遇は未定とのこと。
1000形ってカットモデルの保存車はあるんですが、前から後ろまで台車付きで丸ごと残っているのは、この2両だけなんですよね…。
安住の地が見つかると良いのですが。


さて1000形に全てを持ってかれてしまいましたが、撮影会の方もちゃんと撮ってますよ(笑)


2011編成。
このポジションに居るということは、もしや来年の今頃は…゜。゜(ノД`)゜。゜。


信号機トリオとデト。
西武色YELLOW HAPPY TRAINは、4月の検査明けからドアも黄色になりました。

あれ?そういえば821編成はドコへ??
イベントパンフのイラストにも描かれていたので、てっきり撮影会の主役エリアにいるもんだと思っていたのですが、



!?

はい、実は方向幕実演に抜擢されていました。
しかも懐かしの黒地&省略幕!!




新町、逗子、八景!
急行はもちろん京急富岡や黄金町に停車、京急川崎止まりで飛行機マークなんて野暮なものも付いていません。
表示内容は参加者のなかからランダムで選択権が与えられる方式だったので、懐かしいものからネタ表示までありましたが、とんでも設定だったとしても旧幕補正でそこそこサマになっていましたねw



無架線地帯には、今年の3月で運用を離脱した2041編成が居ました。
これで残る2000形は8両編成3本のみに…。
常総線ぼろキハ怒涛の5連!
こちらの続きです。
この日は関東鉄道でも臨時列車が走りました。
というか私的にはこちらがメインでしたw


一仕事を終えたDE10と、関鉄の車両たち。
右側に何やら見慣れない塗装をしたクルマが停まっていますが、こいつは今年2月にデビューしたばかりの最新型車両キハ5010形です。
このキハ5010形に乗って、まずは大田郷へ。



「乗り納め!?キハ314・313号満喫乗車会」という事前応募の団体列車として、久しぶりにリバイバル編成が水海道以北へ入線しました~。


折り返しは、公式ページの告知に載っていた「水海道駅での長編成への増結作業」が気になって、水海道へ行ってみると…ん!?



車庫からキハ318+317+007の3両編成が出庫してきました??



続いて下館から、急行つくばね号のヘッドマークを付けたキハ314+313が戻ってきました。
まさかまさか…





はい、そのまさかでしたーwww

アナウンスによると、水海道駅での「増結」作業は約20年ぶりなのだそうです。
そういえば去年こんなこともありましたが、あれは「分割」だけでしたもんね。



サボ風のシールも凝っていて、ちゃんと下館発水海道発で作り分けられていますw



急いで駅近くの踏切へ。
大迫力の旧型車5両編成!カッコいいですなー!!


折り返しは、駅で自転車を借りて水海道車庫南側の陸橋へ。
今回初めて気が付いたのですが、キハ0形とキハ310形では側窓の構造が違うんですな。
2段窓の上段が、キハ0形は115系などのように上昇させるタイプなのに対して、キハ310形は下降させるタイプになっています。
なので、併結していると何となーく側面の印象が違っているのが遠目にも分かりますね。


ラスト、いつもの場所で入庫回送を撮って〆

既に定期運用から離脱しているリバイバル編成。
引退フラグのようなツアー名も気になるところで、今後の動向に注目ですね。
1時間5分
5月27日は、小山→茂木間で片道運転された臨時列車「DL&SLもおか号」を撮影してきました。
普段は真岡鉄道線内で運転されている、同社の50系客車が水戸線へ入線する!ということで、まずは玉戸~下館へ。



うーん、やっぱり客レは良いですなぁ。
DE10に牽かれる短編成の50系客車は、まるでローカル線の普通列車のよう!
これで50系が朱色だったら完璧なんですがw


下館ではスイッチバックとSLへの付替えが必要な為、9:30着の10:35発という、これまた往年の客車鈍行みたいな長時間停車が設定されていました。
普段は直通列車がないJRと真岡鉄道。
さて、この1時間5分でどのような動きをするのか?気になったので駅近くの踏切へ行ってみると、JR側のホームに停車しているのが見えました。


9:55頃、真岡からC12-66がDE10-1535に牽かれてやって来ました。
このデーテンは真岡鉄道所属のカマなのですが、国鉄色かつ灰色Hゴムで、下手なJR車よりもオリジナルに近いですねw



10:00頃、50系客車が推進運転で小山方へ!


しかし、まだ10:17発の茂木行き普通列車が真岡鉄道線ホームを使う為、暫く水戸線上で待機。
水戸線の方は下館10:30着の勝田行きまで無いので、進路を塞いでしまっても平気なのです。


側線のC12も着々と準備が行われています。


茂木行きが到着。


10:17に普通列車が発車すると、すぐに50系が入線。



そしてC12が出てきて…


50系客車に繋いで準備完了!
いやー、こういうパズルのような入れ換え、見ていて楽しいですなぁ。

ここから先は、いつもの「SLもおか号」と同じスジで運転されました。

続きます(準備中)
鵯越俯瞰
こちらの続きです。


3000Fは十分撮れたので、お次は神戸電鉄へ。


新開地から4駅目の鵯越で下車、神鉄らしい山間の小さな駅です。
駅撮りの予定でしたが、すぐ近くから俯瞰できそうだったので登ってみると…お、なかなか良い感じ♪


さっそく「この顔」が来ましたね~。
1965年から平成生まれまで(!)いる1000系列。
写真の1151Fは1150系と呼ばれるグループで、1977年と1987年に1編成3両ずつ製造されたうちの古い方です。


続いて3000系。
こいつも製造期間が長かったので、こう見えて確か結構古い編成もいるんだよなぁ…と思って調べてみると、2014年3月にトップナンバーの3001Fが廃車されており、なんと偶然にも写真の3003Fが3000系で最古参なのでした。
3005Fまでの3本は、テールライトが凸型なのも見分けるポイントです。


2000系急行。
この時はまだダイヤ改正前だったので、日中の優等列車は急行と準急が交互運転でした※
現在、急行は朝夕ラッシュ時にのみ運転されています。
※写真は同じ形式を端折ったりしているので順不同です。


6000系。
昨年には3両編成バージョンの6500系も登場、今後はそちらが増備されるそうで、恐らく同じ3両編成で神鉄最古参の1100系の置き換えが進められていくのではないかと思われます…。


そんな1100系も、この日は急行で元気に活躍していましたー。
2つ扉にずらりと並んだ細い2段窓!いつ見ても美しいですなぁ。
神鉄のことなので急速に減ることはないと思いますが、できれば数が多い今のうちに、いろんな角度から撮っておきたいクルマですね。


お目当ての1100系を捕獲できたので、下山して駅前の踏切へ移動。
この3000系はマイナーチェンジ後の編成で、写真を見比べるとテールライトの形状の違いが分かるかと思います。


6000系。
ヘッドマークは神戸開港150年を記念したもの。


そして1100系の急行粟生行き!!
存続問題に揺れる粟生線、2012年5月のダイヤ改正で新設された日中の急行でしたが、残念ながら増収には繋がらなかったようで…。


さて、そろそろ新開地へ戻ろうとホームへ上がると、またもや1100系がやって来ましたー。
ただ急行は通過なので、乗り鉄はできず(^-^;


乗車したのは、こちら。
3015Fは3000系の中でも平成に入ってから製造された新しいグループで、前面の方向幕が若干大きい、クーラーカバーの数が少ない(4→3個)といった微妙な違いがあります。


平成に入ってから製造された新しいグループ…なんですよ!これでもwww
どうもクリアラッカーが剥がれ易いのか、ちょいちょい“肌荒れ“の目立つ3000系を見かけますね。
まぁここまで凄いことになっている編成には初めて遭遇しましたがw
同じアルミ車の3000系でも、山陽電車の3000Fは美しい姿を保っているんですけどねぇ…。


はい、というわけで新開地着。


撮影当時はダイヤ改正の詳細が未発表だったのですが、恐らく見納めになるだろうと急行粟生幕を撮影して〆。
結局、粟生線急行は朝の新開地行き1本を除いて廃止されたので、消滅してしまいましたね。

この後は、和田岬線の返却回送を撮りに再びJRへ。
こちらの記事の一番下に繋がります。
まだまだ頑張る3000F
暫く台湾ネタ続きで”台鉄屋雑記帳”と化していましたが(笑)、ここで少し国内へと戻りまして、今年2月17日に神戸へ行った時の写真をアップしたいと思います。
和田岬線を訪ねたら、偶然リバティの甲種に遭遇した、この日。
しかしその甲種も午前中で終わり、さてどうしようとスマホをぽちぽちやっていると、どうやら山陽電車の3000Fが走っているようです。


というわけで、まずは東二見へ。


栄光のトップナンバー。
遂に置き換えが始まった3000系、昨年3002Fが引退したので、次は3000Fだろうな…と思っていたのですが、どうやら3004Fと3200Fが先に落ちるらしく、今月17日からさよならヘッドマークをつけて走っているそうです。


この方向幕も山陽らしいですねぇ。
編成によっては「阪急神戸三宮」に変更されていますが、3000Fは「阪急三宮」のままです。



後続の特急で追っかけて山陽明石。
どうも冴えない空模様ですが、鈍く輝く車体に赤帯が映えて、これはこれでカッコイイのです。


さらに追っかけて花隈。
そういえば前回は須磨で折り返す運用だったので、地下駅に入線する姿は撮れなかったんですよね。


折り返しは新開地で。
神戸高速鉄道の駅は、どこもレトロな空気が漂っていて、古い電車がよく似合います。


このタイル張りの壁なんか「昭和の地下鉄」って感じですよねぇ。厳密には地下鉄じゃないですがw

こちらの記事に続きます。