>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

いずっぱこ塗装249Fが多摩湖線へ
赤電塗装247Fと交替で、翌日(1月21日)にはいずっぱこ塗装の249Fが多摩湖線へと戻ってきました。



ハマ線を降りたら、そこは三島でした…!?


いやここは紛れもなく八王子ですw



本日の牽引機は…なんとEF210-113でした!
いつもはEF65なんですけどねー。


いずっぱこ塗装とEF210、ラインカラーが上手く揃っていて相性抜群です。


国立にて。
いやぁこれはカッコいい!



約24時間ぶりに来ました新秋津の授受線w
昨日は赤電と併結した263F、今日はまさかのいずっぱこ塗装とコラボです。



テープを巻き戻すかのように所沢陸橋へ(笑)
同じ西武グループとはいえ、会社間を越えた夢の併結列車、なんとも不思議な光景です。


あれ?でも6000系と並ぶと違和感がないぞwww


所沢で暫く停車。
昨日と全く同じアングルで撮ろうと思ったら、今日は停車位置がかなり前の方でした。
連結部分は駅舎の下になってしまって、ちょっと薄暗いですね。



最後に西所沢で撮って〆




昨年9月からいずっぱこ塗装となって活躍していた249F。
私も撮影しようと期間中2回訪ねたのですが、なんと2回とも車庫で休んでいて、多摩川線を走っている姿は一度も撮れず仕舞いでした…。
今度こそまともな写真を撮りたいですなぁ(;´д`)
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/26(金) 21:35 ]

赤電塗装247Fが多摩川線へ
昨年の暮れに赤電塗装へ塗り替えられた247Fが、多摩湖線から離れ小島の多摩川線へ移動することになり、本日JR線を介した甲種輸送が行われました。


まずは所沢停車中から。


新秋津までは、いつもの263Fが牽引
赤電塗装と西武イエローの混色編成が実現しました!


東急と赤電。
本物の赤電が走っていた時代には、絶対にあり得なかった並びです。



続いては定番の陸橋俯瞰。
リバイバルカラーということで、いつにも増してテツで鈴なりだったのですが、所沢発車時に何やら車両トラブルがあったらしく予定の時間になっても現れず、次第にざわつき始めます…。
結局15分ほど遅れて通過しました。



新秋津の授受線へ移動。
定刻ならEF65の到着までに間に合うのですが、今日は遅延していたので既に連結済みでした。


多摩川線までのルートは新秋津→新座ターミナル→八王子→武蔵境なので、2発撮れる新秋津駅北側の撮影ポイントへ。
まずは新座タ行き。


置き換えが始まった武蔵野線の205も、撮れるときに撮っておきましょう。


そして甲種。
この後は八王子で終電頃まで待機し、武蔵境へと送り込まれます。
さすがにそこまでは追っかけませんがw
ふとスマホをポチポチやっていると、もうすぐ西武のネタ編成がまとまって来るようなので、少し移動してもうひと粘り。


20158F銀河鉄道ラッピング!


9103F京急色!!


9101Fピンク色!!!

はい、もうお腹いっぱいですねw
これにて撤収しましたー。
西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/20(土) 23:29 ]

大阪ミナミの初詣臨 #1

2018年1月2日。
記事の順番が前後してしまいましたが、今年の撮り初めは毎度おなじみ干支マーク付きの阪急電車でした。


ミナミへ移動して、これまた恒例の阪堺電車
沿線にある住吉大社への初詣客に対応する為、毎年正月三が日には増発ダイヤで運行され、最古参のモ161形もフル稼働します。
昨年桜井線へ行った帰りに、新しくなった天王寺駅前でバルブしたらいい感じに撮れたので、今年は明るい時間帯に撮ろう!と思い、同じ場所へやってきました。


この辺りは再開発やあべの筋の拡幅工事に伴い、ここ数年で景色が一変してしまいましたね。
芝生軌道にお洒落な低床車の1001形がやって来ると、とても阪堺電車とは思えませんw


モ505号には還暦記念のヘッドマークがついていました。
モ161形のおかげで若く見えますが、実はこいつもかなりの年代物です。

でもって、ふと後ろを振り返ると…



モ161号!!


はい、今年の阪堺電車おみくじは大吉ですねw
いきなり大当たりの車両を引き当ててしました。


続いてモ164号も登場~



モ164、モ161の順で折り返してきました。
綺麗にリニューアルされた天王寺駅前電停ですが、相変わらず1線しかないので縦列停車をすることで順序を入れ替えています。



さらにモ162号も姿を現しましたー。
モ161形の稼働車は4両なので、これで残りは1両。
ラッピング車になっているというモ166号も気になりますが…一旦ここで阪堺から離れて、同じく天王寺から別の神社へ向かう初詣電車を撮りに向かいました。

こちらの記事に続きます。
近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/19(金) 20:31 ]

ダブルデッカー王国Sydney Trains #2
こちらの続きです。


2002年から2005年にかけて製造されたM set
Millennium(ミレニアム)という愛称がついています。


M setは全て4両固定編成で141両製造されました…あれ?割り切れないですね。
前回アップしたワラタ型も、計算してみたら端数が出ましたw
この数字は公式の車両紹介ページから引っ張ってきてるので間違いはないと思うんですが、検査時の予備車とかですかねぇ…(^-^;


運用線区はT2、T3、T6、T7、T8で、ハーバーブリッジは渡りません。


というのも8両編成を組むと中間運転台が邪魔になるので、混雑する路線には極力入れないようにしているのでしょうね。


Centralで遭遇した4両編成の回送列車。
都心部は線区や種別に関わらず8両編成ばかりなので、重連ではないミレニアムを撮れたのはこれが唯一でした。



レトロな地下ホームに2階建ての新型車両が入線する光景もSydney Trainsならではですね。
このMuseum駅と一つ隣のSt James駅は、1926年に開業したオーストラリアで初めての地下駅です。


ミレニアムとワラタ。
圧倒的に数が多いワラタに対して、ミレニアムは少し影が薄い感じです。

こちらの記事に続きます。
オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/14(日) 00:32 ]

世代交代進む一畑電車 #2
こちらの続きです。


一駅乗って高浜で下車。
大社線といえばここ、稲生神社の鳥居です。


そして高浜でもう一つ撮っておきたかったのが、線路際の保育園に保存されているデハ3号デハ6号
以前は2両ともオレンジ色だったのですが、今回訪ねてみるとデハ6号が2102編成と同じクリーム+青帯に塗り替えられていて、ラッキーなことに同じ色同士の並びが見られました♪


デハ3号はオレンジ色のまま。
かつては自動扉の車両がクリーム+青帯、手動扉の車両はオレンジ+白帯だったそうで、デハ3、6はどちらも自動扉でしたからデハ6の方が正しい塗装ということになります。

…ん?つまりオレンジ色の1000系は手動扉ということに??www


再び大社線に乗って、出雲大社前駅近くの鉄橋へ。
すると時刻表にないタイミングで踏切が鳴り出したので、何事かと思いきや…さっき平田で見かけた、幕が故障している楯縫号がやってきました!?



どうやら貸切列車のようです。


続いて2102編成が発車!
この電車は川跡折返しではなく松江温泉行きなので、


入れ替わりで7000系がやってきました。


構内で保存されている1928年生まれのデハニ52と、現時点で一番新しい2017年生まれのデハ7003。
そう、前回の記事で7000系は86年ぶりの新造車と書きましたが、実はデハニ50形以来1両も自社発注車両がなかったのですw


デハニ52は車内に入ることもできます。


おお、ちゃんとロングシートになってるwww
私が乗った当時は「お座敷電車」に改装されていて、一面畳敷きになっていたんですが、引退後に映画の撮影で使うことになり、ちゃんとした座席に復元されました。
ただ吊革は、例の保育園に保存されているデハ3、6から借りていたそうで今はありません。


手動扉から押ボタン式へ、時代は変わりました。


7003号に乗って川跡へ戻ってきました。
ここで松江温泉行きに乗り換えて…


湖遊館新駅で下車。
なんだか福鉄の福井新、武生新みたいな名前ですが、実は末尾の駅を含めた「湖遊館新」までが正式な駅名として登録されているという超変り種の駅だったりします。
なので乗り換え案内などでは「湖遊館新駅駅」と表示されてしまいますw


駅の近くで撮影。
まずは”手動扉塗装”の1002編成から。
まぁこいつも半自動扱いができるので、あながち間違いっちゃ間違いではないですねw


夕焼けをバックに京王色の2101編成。


大社線ループから脱出した2102編成。
日中は同じ編成が行ったり来たりしているだけかと思っていたんですが、運用表を見ていると何度か交代がありますね。


そして1002編成。
この辺で露出が厳しくなってきたので撤収しました。


帰りは安定のサンライズ出雲で帰宅の途へ。


今回はどの車両も空いていたので、初めてノビノビ座席に乗ってみました。
出雲市発車時点では半分も乗っておらず、松江→米子で”ヒルネ利用”という方までいましたが(笑)
徐々に埋まってきて、大阪を出た頃には満席になっていました。
これならサンライズ銀河…とか妄想してしまうわけですが、このご時世いろいろと難しいのでしょうね…。

中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/01/07(日) 23:20 ]

前のページ 次のページ

copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ