FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

行き当たりばったりで京阪。
電車で向かおうとすると、微妙~に不便な場所にある赤川仮橋。恐らく阪急淡路から歩くのが一番近いんですが、甲種を撮る前に橋を渡って南詰めまで来てしまい…来た道を戻るのもメンドいので、とりあえず進んでみましたw
すると近くの大通りに出て、守口車庫へ向うバスを発見!京阪の沿線へ出られるのか~、確か(初代の)3000に40周年記念のマークが付いていたハズだし、旧塗装も記録したい…というワケで、ちょっくら京阪へ行ってみることに。
バスに乗って途中の太子橋今市で下車、10分ほど歩いて滝井駅へ。ここは急行線なら上下とも撮れるので、特に何も考えず京都方面行きのホームでカメラを構えると…



旧3000通過ぁぁー!!!!

まさかの初っ端で引き当ててもうたw
1/11の確率だよ…とりあえず走ってればいいなぁというノリだったので、何かもうコレで運の全てを使い果たしてしまった気がします(笑)







京都市美術館のヘッドマーク付き新3000。







うーん…見事に新塗装だらけですなー。
偏りがあるかもしれませんが、もう9割方が新塗装という感じ。



複々線区間に居ても、なかなか旧塗装同士で並びません。





通過する列車の流れを見ていると、滝井付近で上下の特急が離合するパターンっぽいので、旧3000が帰ってくる頃を見計らって森小路へ移動しました。
ちょうど雲の影から太陽が顔を出して、良い感じに光が当たってます!


***




ところで、この日はやけにテツが多いな…と思ったら、こんなん来ました。
団体と、吉本興業のロゴ!?が入った副標で2枚看板!!



これは全くノーマークだったんで、とりあえず折り返して来るかなーと逆サイドで待っていたら、50分後くらいに帰ってきて…



回送にも遭遇。
この団体列車は吉本興業と京阪のタイアップ企画だったそうで、車内では中川家の礼二さんが車掌をされていたとかwww

それにしても、この日は相当”テツ運”が回って来たようで、自分でも怖いほどネタ列車に当たりまくる一日でした。


京阪 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/09/03(土) 01:08 ]

大津の路面電車たち
気がつけば12月も8日目…師匠(せんせい)ではありませんが、ここのところバタバタ忙しくしてます、三条です。
やっと一段落ついたので、間があいてしまいましたが大津線感謝祭の続きをupしたいと思います。

***




錦織車庫の最寄り駅、近江神宮前。
この日はイベントがあったので、駅員さんがたくさんいました。臨時の即席切符売り場も出現www 

石山坂本線には大きな駅を除いて自動改札機が無く、かと言って路面電車みたく車内に運賃箱もないので、普段から駅員さんが切符を回収しています。無人駅もありますが、大抵の駅には駅員さんが居ます。路面電車のような、そうでもないような…そんなフシギなポジションが魅力の石坂線。

…ただ、そのアナログさゆえに「スルッとKANSAI」の扱いがちょっと複雑だったり。
とりあえず、パストラルカード(※スルッとKANSAIの能勢電バージョン)が使えないのは痛いぞ…。ここへ来るまで、ちまちま使ってたんですが、石坂線では浜大津で切符を買わない限り使えませんでしたorz
これ、石坂線から乗る場合は良いけれど、スルッとKANSAIが使える京津線から乗り換えてきた場合は困るよな…(汗;
それでいて3dayチケットは、どこからでも提示すれば使えたり。どこから乗ってどこで降りたか?という処理ができないので、ようは日付さえ入れれば使えるフリーパスの類はOKなんですね…。



仕方がないので、現金で切符を買って…三井寺で下車。
ここでも駅員さんに切符を渡します。とても小さな駅なので、相対式ホームに対して駅員一人…ところが電車は昼間でも7.5分間隔。電車が発着する度に、駅前の踏切を渡って行き来する駅員さん!ご、ご苦労様です(汗;

三井寺は浜大津の一つ手前。この先は名物の併用軌道になっていますが、まずは駅北側のカーブから沿線撮りしました。大津の古い街並みに松の木が背景に入る、エキゾチックなポイントです。
ちょうどやってきた600形はダブルヘッドマーク+前パンが凛々しいですねvv



三井寺駅南側の併用軌道。
さっきのと同じ600形ですが、コイツは前面の窓ガラスが平面になっていて表情が違いますね。600形は旧型車両の車体を流用しているので、タネ車や改造時期によって、編成ごとに微妙な個体差が楽しめます。



「ひらかた大菊人形」のヘッドマークを付けた700形。期間中、大津線(と京阪の公式リリースには書いてあったけれど…大津線=石坂線のこと!?)には2編成にマークが取り付けられています。



S字カーブを抜けると…かの有名な浜大津の交差点に出ます。







日本一高価な電車のお通りだー!!

4両編成の地下鉄車両が路面をゴロゴロ…ここは、いつ見ても圧巻ですなぁvv
よくぞ地下鉄と直通させるなんて発想になったもんだ(笑)
いやもちろん、もともと直通していた区間を分断させるのは忍びなかったんだろうけど…同一ホーム乗り換えにして、非電化私鉄最大手の某社みたく「御陵接続、太秦天神川」でも、よかったんじゃないかとwww

ここと高知の曙町付近を運転する人は、無条件で尊敬する。



菊人形マーク、もう1編成発見!

うしろの駅舎に書かれた行き先も、ちゃっかり「太秦天神川」が追加されていますね。前回2005年に来た時は、まだ「二条」でした(^-^;

***

以下バスネタ。

ぼちぼち日も暮れてきたので、早めの夕飯を食べて浜大津駅へ戻ると…



6Eだー!!

バスターミナルの片隅で待機する、近江鉄道バスの6Eを発見!
同じ西武グループなだけあって、この色、まんま伊豆箱根バスだよwww
滋賀まで来てライオンズカラーかよ…って思ったけれど、そういえば電車の方にも、この色を纏ったのが居ますねvv

いずっぱこも5Eや6Eをよく見かけましたが、今も元気してるかなぁ…。



運転手さんが乗っていたので、暫く待ってみると「鶴の里団地」行きになって出てきました。
実は、行きも石坂線の車内から6Eの姿がチラっと見えて、おぉ!?ってなったんですが、この時も同じ”鶴の里”だったので、この系統はボロ率が高いのかも!?たまたま同じクルマを見かけた…という可能性も否めないですが(^-^;
営業所に行けば、他にも同世代の仲間が居るのかなぁ…。末永く活躍してほしいですね。




こんなのも居ました。3扉車…!!
これも西武グループの中古車でしょうか。まさか、大津で3扉のクルマに出会えるなんて!!
京阪 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/12/08(水) 23:23 ]

大津線感謝祭2010


どうしても会いに行きたかったクルマ、それは京津線の80形!!

相変わらずものっそ遅い事後報告なんですが、11月3日の「大津線感謝祭」に参加してきましたー。
錦織車庫には82号1両が保存されていて、毎年この時期に一般公開されています。関東に住んでいると、なかなか年に一回だけのイベントに参加するのは難しくて…。
今回は、たまたま実家に帰っていたことと、”はまかぜ”の撮影で同行していたmnさんから「あれ?行かないの~??」と誘われたので(笑)
実は、直前までイベントやるってこと自体を知らなかったり…3日って文化の日だったのか。



うぉぉかっちょえぇぇ!!この優雅な曲線、独特のヨーロピアンスタイルは、まず他では見られない独創的なデザインですよね。これが昭和30年代の作品だなんて、とてもとても…。

80形は97年に地下鉄東西線が開通するまで、京津線で活躍していたクルマでした。
当時は石山坂本線みたくホームの嵩上げが行われておらず、普通の路面電車のように低い安全島があるだけの”電停スタイル”だったそうです。それなのに京都と大津の都市間輸送という性格も持ち合わせていて、路面電車のクセに優等列車から逃げ切らなくちゃいけない某赤い電車みたいな高速ダイヤ、急勾配、急カーブ…もうむちゃくちゃ過酷な条件のもとで誕生した80形。このデザインは、そんな制約が生んだ機能美と言えるでしょう!

現在の京津線には、さらに地下鉄直通、ホームドア対応etc…とオプションパーツが追加されて、800形は1メートルあたりの値段が日本一高い電車なんて言われていますが。恐らく80形も十分お高い電車だったと思いますvv



こう、ステップの降りてくる電車というと福鉄を思い出してしまいますね。コイツは高床車と言っても普通の電車より背が低いようで、福鉄のほど威圧感はありません。





車内では、現役当時の映像や写真の展示を行っていました。うーん、東西線が開業仕立ての頃というのは、なんとなーく記憶にあるんですが、残念ながら京津線はサッパリ…この頃は、よく家族で京都へ出掛けていたので、東山あたりで見たor乗ったハズなんですけどね。
ちなみに82号の保存活動は、当日案内をされていた方に伺うと、京阪ではなくこちらのNPO法人が運営しているそうです。



現役時代は滅多に拝めなかったであろう連結面。もともと単行で生まれた82号ですが、後に82-81の2両固定に改造されています。

で。相方の81号も一応現存してたりしますが…



こんななってます(汗;

ひょー生首コワイヨー;; 制服を着て記念撮影!の背景役として余生を送る81号君でした…



他のメンツは、竜馬電車と赤&緑のラッピングを纏った600形、800形なんかが居ました。
ただ庫内だったり、奥の方で動いてたり…と、現役車目当てで行くと、ちょっと物足りないかもしれませんね。電車を間近で見られるのは、それはそれで良いんですが。
入口の一番目立つポジションに保線用のディーゼルが鎮座しているイベントというのも、なかなか他所では見かけないwww

結局、80形ばっかし撮ってましたvv



ヘッドマークたち!!

この後、物販ブースではヘッドマークのミニチュアマグネットを売っていたので、お買い上げ。
実物を見ると、ついつい買ってしまいますねwww



最後に。今回一番ツボったのが、この斬新すぎる顔ハメ。まず、顔を横90度に曲げないといけないという時点で相当クレイジーです。この体勢、結構しんどいぞ。それに、あの…こういうのってテツ絡みだと運転手さんとか、車掌さんってのが王道じゃないですか。何もわざわざ顔ハメで酔っ払いのサラリーマンになろうという発想は普通ない(笑)しかも網棚で寝てるし。どうやって登ったの。

これ「C寝台プロジェクト」という作品のひとつなんだそうです。”14.1km日本一細長い美術館”と題して、車内でも展示していたりします。とてもユーモア溢れる作品ばかりなので、興味のある方は、ぜひぜひググってみてくださいvv

京阪 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/11/22(月) 22:31 ]

おけいはんに寄り道してみた。


京阪では、沿線のひらかたパークで行われている「ひらかた大菊人形」に合わせて、この秋ヘッドマークの掲出や臨時列車が運転されています。
新しいカラーリングも地味に浸透しつつあるし、旧塗装は今のうちに記録しておかなきゃ…というワケで、今回は実家へ帰る前と後の2日間に分けて、ちょちょっと寄り道してきました。何か曇ってるのが10月30日、ピーカンで側面に影落ちまくってるほうが11月4日の撮影ですvv



ヘッドマークは会期中の11月28日まで、京阪線10編成と、大津地区2編成、叡山電車1編成にも取り付けられています。大津地区は未だしも、叡山電車は1編成だけかよ!?捕まえ辛い…(^-^;

この「ひらかた大菊人形」、100年近く続いていた毎年恒例のイベントだったそうです。
菊人形館のまわりにプラスαで遊具を置いたのが、ひらかたパークの起源…ということで、菊人形は”ひらパー”の歴史そのもの。そんな一大イベントも2005年を最後に一旦途絶えていましたが、京阪の開業100周年を記念して今年限りの限定復活!ヘッドマークの柄も、かつて毎年開催されていた頃の復刻版なんだとか。
そういえば、小さく龍馬伝の文字が見えますね。菊人形には毎年テーマが決められていて、今年は龍馬伝なんだそうです。龍馬ゆかりの地巡りに便利な一日乗車券もセットで…なるほど、そういうことか(笑)ブームって凄いねwww







京阪線10編成…という割に、よくマーク付きを見かけた気が。複々線区間はもちろん、京都口でも小1時間粘れば、余程のことがない限りマーク付き編成を捕獲できます。
取り付けられている編成は、ナゼだか揃いも揃って旧塗装ばかり(これは偶然?)それもボロ率が高かったですね。7000や9000にマークを付けると、京阪のロゴが隠れてしまうという残念な見てくれになってしまうからでしょうかwww
この2形式は、極力避けられているような気がしてならない(笑)







10月9日~11月14日、土日祝日の朝方に淀屋橋→樟葉で2本運転された臨時急行。ちょうど運転日の朝、横浜から夜行バスで大阪入りしたので、ついでに撮ってきました。
クルマは7連のなかからランダムで選ばれるようですが、この日はどちらも旧塗装のボロ!オマケに第1便は吊り幌のアイツでしたvv

…が、残念ながらお客さんの入りはイマイチな感じ。ぶっちゃけ7連は必要ない気がする(^-^;
一応ひらかたパーク、関西圏の遊園地ではUSJの次ぐ優等生なんだそうで…!?混むときは電車も混むらしいです。遊園地といえば宝塚ファミリーランドかエキスポランドな三条にとって、ひらパーなんて、なんか森に住んでそうな妖精っぽいイメージキャラクターとThe Boon(これで”ざぶ~ん”と読ませるvv)とかいう素晴らしいネーミングのプールくらいしか思い浮かばないんですけどね。ひらパー、ナメてました。
ちなみに宝塚ファミリーランドとエキスポランドは、もうこの世に存在しません(泣;;



それにしても新塗装、だいぶ増えましたね~。感覚的には新旧の割合が逆転したかなーという感じ。もちろん片寄りはあるでしょうけど。
ずいぶんイメージは変わりましたが、塗り分けのラインとか緑系の色は同じなので、どのクルマも違和感無く似合っていますね。うん、やっぱり吊り幌のコイツが素敵過ぎる…!! ←そればっかwww





”緑の電車”による快速急行。普段、快急といえば新3000系のお仕事ですが、ラッシュ時や検査の関係で他の形式が走ることもあるそうです。
撮影した2日間とも、真昼間から9000系が代走していました。



京阪特急60周年を迎えた今年、一足先に8000系(3000から編入した子を除く)の塗り替えが完了しました。
この夏には、記念のヘッドマークも取り付けられて…1編成だけ残っていた旧塗装が入場するまでの数日間限定!旧塗装+記念ヘッドマークの組み合わせ、というイベントも発生したようですvv



さんぜ…ぢゃなかった、8000系の30番台にも遭遇しました。コイツの塗装は昔のままですね。きっと最後まで残すんだろうなぁ…



2008年10月の中之島線開通から走り始めた枚方市行きの特急。枚方市で出町柳行きの快急に接続させるので、京橋を出たら次が終点というシロモノ(逆も然り)
京都へ行かない、3扉、ロングシート…こんなの京阪特急なんて認めてやるもんか!!(^-^;

京阪 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/11/17(水) 14:56 ]

前のページ

copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania