> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2016 #1 ~高雄臨港線~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2016 #1 ~高雄臨港線~
2年ぶりに台湾へ行って来ました!
今回は高雄から入国、昨年10月のダイヤ改正で大きな変化があった屏東線を中心に、近い将来消えてしまうだろう…と思われるものを撮り歩いてきました。


まずは高雄臨港線へ。
ワイヤー式の有人踏切の前で少し待つと、印度仔2両を牽いたR20形がゆっくりと通過。
入国して早々この風景ですから、ホント台湾鉄は止められません♪


高雄臨港線は、高雄駅から前鎮操車場を経由して高雄機務段(車両基地)までを結んでいて、平日の朝夕2往復、台鉄職員の皆さんを乗せた専用列車が運転されています。
日本でも大船や国府津など、つい最近まで車両基地行きのクモヤが走っていましたねー。
実は、こないだのダイヤ改正で車両基地が潮州へ移転してしまったと聞いて、あーあ結局撮れず仕舞いか…と思っていたのですが、まだ車両の検査など一部の業務は高雄に残っているようで、今のところ職員輸送列車も変わらず運行されています。


折り返しの回送列車。
このR20形も本線用のDLとしては最古参で、電化区間の延伸とともに年々数を減らしています。


踏切が上がると、大量のバイクが洪水のように流れ込んできました。
朝夕ラッシュ時に大通りを遮断してしまうので、地元民的には堪ったもんじゃないでしょうね…


続いて、高雄機務段の近くまでバスで移動。
臨港線とほぼ並走している168系統という循環バスが、本数も多くて便利です。


車両基地内には大きな踏切が横切っているので、そこから中の様子を伺うことができます。





うひょー!客車がたくさん!!
相変わらず台鉄の車両たち、渋カッコイイですなぁー。


サイドに回って、いかにも台湾!という感じの雑居ビルを背景に。
でも、どのビルも妙に綺麗だなぁーなんて思い、後で調べてみたら…ここ、2014年8月1日に発生したガス爆発事故の現場だったのですね。
道理で新しいわけです。
この事故で、当時は臨港線も一時運休となっていて、高雄機務段に居た車両たちは出庫できなくなり、同年の蒸機イベントでは急遽、別の場所に留置してあった復興号客車を増結して運行していました。


雑多な黒貨車もゴロゴロと…。
どうしてこうも台鉄の貨車は昭和テイストなのかw

ところで、この大きな踏切ですが、9時半になると”あるイベント”が発生します。


お、始まった!始まった!!

なんと入れ換え作業のため、9:30~11:00まで通行止めになってしまうんです!
迂回するとかなり遠回りになるようで、皆さん必死になって突っ込んできますが、台鉄職員も負けじとシャッターを閉めて追い返しますw


準備が整うと…出て来たのはS200形です!
こいつは入換え用のディーゼル機関車で、R20形と同じ1960年生まれ、現在は老朽化が進んでしまい、高雄に4両だけ残っています。



続いて、さっき印度仔を牽引していたR20が、今度は貨車や客車をじゃらじゃらと牽いて現れました。
一旦、高雄機務段の横を通り過ぎて奥の前鎮操車場へ。


そしてS200が回収に向かいます。
こいつ見た目はおんぼろですが、さすがアメリカ製なだけあって、パワフルで長編成もなんのそのです。


踏切上を行ったり来たり、ときには突放(!)を行いながら車両を整理していきます。


今度はR20が動き始めました。
そろそろ出発か?


前鎮操車場の方へ行ってみると、予想通り検査明けのクルマを連ねたR20が出て来ました。
貨車からPP自強の中間車まで、なんでもありですw


機回し中~。
高雄機務段への出入りには、配線の関係上、一度スイッチバックをする必要があります。
どうしてこんな不便な構造になっているのかと言うと、前鎮より先の区間がライトレールに転用されてしまったから、なんですね。
以前はグルっと回って、台北方面から直接入ることができました。

#2に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/997-83240aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)