> 私鉄屋雑記帳 福島交通のクラシックスタイル!?
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



福島交通のクラシックスタイル!?
緊急開催決定!銀一色の7000系を撮ろう!

弘南電鉄ではラッピングをする前に、こんな企画をやっていたそうで。
急だったので行こうと思ったら時既に遅しでしたが、このラッピング前に帯を剥がした状態で走らせてしまう…というところで思い出したのが、同じく元東急7000系が活躍している東北の私鉄、福島交通です。
実は2013年5月のホンの数日間だけ、福島でも”クラシックスタイル”が、ひっそりと実現していました。
※以下、特記以外2013年5月25日撮影


はぃ、出オチですwww
福島交通の7000系は全て中間車からの改造車なので、必然的にこうなります(笑)


食パン電車ならぬ鉄板電車!?
この9000系顔、そもそも帯ありきでデザインされているので、のっぺりし過ぎて不気味ですねーw

最近は本家でも、かつての紺黄ツートンカラーをラッピングした1000系が走り始めました。
近い将来7700系が引退して、クラシックスタイルが出来る世代が居なくなってしまったら…懐かしの銀一色とか言って、こんな姿の1000系が現れるかもしれません。


銀一色が短期間だけになってしまう理由に、視認性が悪く安全上よろしくない、ということが弘南電鉄のブログにも挙げられていましたが、うん、確かに遠目に見え辛いですね。
これで冬場、雪の日なんかに走ったら…。


現在、この銀一色だった編成には「花ももフリーきっぷ」のラッピングが施されています。





福島交通は初めてだったので、まずは飯坂温泉まで乗り潰した後、適当に降りて撮り歩き。
沿線随一の撮影ポイント、花水坂~医王寺の鉄橋は残念ながら綺麗に撮れる側が逆光だったので、特徴あるディスクブレーキを入れて流してみました。



この小さな駅舎も、地方私鉄してて凄くいい感じですね。


福島から2つ先の美術館図書館前までは、JR、阿武隈急行と並走しているのも大きな特徴です。


タイミングが良ければ並ぶことも!
ちなみに写真の7109編成は非冷房なので、ところどころ窓が開いています。


7000系2連4本のうち、3本は床置式クーラーで冷房化されていますが、残りの2連1本と、朝ラッシュ時用の3連2本は非冷房のままです。


桜水車庫で休む3連。
全国各地の私鉄に渡った7000系ですが、中間のサハが残っているのは福島交通だけ!


桜水車庫といえば、こんな怪しげな車両も…。
こいつは、1991年の昇圧前まで活躍していた3000形サハ3017です。
福島交通の自社発注車で、1966年生まれ…あれ?ということは、7000系よりも若いんですね。
3000形はラッシュ時の増結用として作られたのですが、戦前生まれの雑多な旧型電車たちの中間に挟むという使われ方をしていたので、一時期の琴電のような超凸凹編成になっていたとかw


さらに、1980年にデビューした5300形というクルマも居ました。
昇圧により僅か11年(!)で栗原電鉄へ、ところが1995年にはディーゼルカーへ転換されてしまい、栗原電鉄→くりはら田園鉄道若柳駅の自転車置き場として余生を過ごすも、2007年に廃線、その後解体されてしまったという悲運の電車です。
一昔前は自社発注車が多く、独自のスタイルを確立していた福島交通、一癖も二癖もあるクルマたちばかりでネタは尽きませんw
もしその時代に生まれていたら、きっと通ったんだろうなぁ…。
※この写真のみ2005年12月25日撮影
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/995-fcb97ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)