>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リバイバルカラー8577Fと桜を撮る
今年も桜の季節がやってきました。
野暮用で東京駅へ寄った帰り、どこか近場で撮影しようと考えるも…王子の専用線は無くなってしまったし、飛鳥山と都電も一昨年だったか順光で撮ったので、このドン曇りの日に同じ場所へ行っても面白くない。
そこで…



東武亀戸線へ行ってみました!
亀戸線って、今まで一度も乗ったことが無い路線だったのですが、どうやら線路沿いに桜が咲いている場所があるようで、それなら先月23日から走り始めたリバイバルカラーの8577Fと絡めて撮ろうじゃないか、というわけです。


おぉ、いい感じに咲いてますなー!!
東あずま駅のすぐ近くにある公園の桜です。


亀戸線は日中2編成が行ったり来たりしていて、10分に1回、ここで綺麗に並びます。
3kmちょっとの小さな支線、もっと本数は少ないのかと思いきや、割と高頻度なのですね。
お客さんも結構乗っていましたよ。




それにしても派手ですねー。
これは昭和30年代の標準色とのことですが、初見で「あれ?東武8000もジャボタベックに行ったの??」と思ってしまいましたwww
でもまあ8000系は私鉄の103系と言われるだけあって、あまり尖ったところの無い”THE通勤電車”っていう感じのデザインなので、某ダイキャストモデルじゃないですが、それっぽく塗れば何でも似合っちゃいます。
一方、東急1017Fは…



日も暮れて来たので、曳舟で駅撮りして〆
8577F、今度は本線を爆走している姿も撮りたいですねw
関連記事
スポンサーサイト

東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/04/03(日) 23:43 ]

<<熊本市内の路線バスたち | ホーム | 前面貫通幌の時代、再び>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/994-6edeabc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ