> 私鉄屋雑記帳 湛江DL甲種なんてなかった
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



湛江DL甲種なんてなかった
日車の豊川製作所から名古屋港まで、稀に運転される海外輸出用車両の甲種輸送。
日本国内を海外の車両が走ることは殆ど無いので、前々から行ってみたいなーと思っていたネタの一つなのですが、遂に先日(3月3日)中国は湛江鋼鉄向けDLの甲種を撮影することができました。
ホントは、多少無理してでも台鉄甲種に行きたいんですけどねぇ…いつも休みが合わない(^-^;


まずは豊橋入線から。


飯田線から東海道線の下りへ転線する為、一旦豊橋駅を通り過ぎて、豊鉄の花田信号所のあるあたりまで行きスイッチバック、湛江DL側が先頭になりました。
製鉄所用の機関車ということで、いかにもな風貌をしていますね。




もちろん表記は簡体字w

この湛江DL、以前にも何度か輸出されており、日車のお得意様のようです。
あちらの新幹線など粗悪なパ○リ車両ばかりなのに、なぜ製鉄所の機関車に日本製をわざわざ輸入しているのか素人目には不思議なのですが、まあ何か理由があるのでしょう。


次は名古屋臨海鉄道の沿線で撮ろうと、豊橋から名鉄で大江へ先回り。



お、デキさんがいらっしゃるではないですか。

大江駅から、木材のような(?)独特の臭いが漂う工業地帯を歩くこと約10分。
築堤の撮影地、晴れれば順光なのですが…


通過直前にはぐれ雲が現れて見事撃沈orz
いやいや本命は平面交差だ、と駆け足で向かうと、



ウヤでしたー\(^o^)/

通常は東港駅から、その日のうちにこの平面交差を渡って、奥にある名電築港駅へと運ばれて来るハズなのですが。
この日は臨海鉄道側のレールが封鎖されていて、関係者の方も誰一人居らず、とても列車が到着する雰囲気ではありません。
今日ここに来ていろいろと酷いですな…。


それじゃあ、せっかくだから築港線が横切るところでも狙うか、と思ったのですが、こちらも夕方まで電車がないんですよねー。
これだけお互いに本数が少ないからこそ、今も平面交差が残っているんでしょうけど…。



もう仕方がないので東港へ。
ここまでの牽引機ND5527号と、湛江DL3両のうち「807」「808」の2両が奥の方で休んでいました。
このND5527は、名古屋臨海鉄道の開業50周年を記念して旧塗装へ塗り替えられた機関車です。



そして何故か、残りの「806」と書かれた車両だけ切り離されて、ND5528+ヨ8642と編成を組んで留置してありました。
くそう…悔しいけれども、最後に順光で編成写真っぽいものが撮れたのは救いですかね。

そんな、どうも運が向かない海外向けDL甲種輸送でした。
名古屋臨海、まともに撮影したのは今回が初めてでしたが、国鉄風な塗装に一つ目ライトの機関車はカッコイイし、沿線のゆるい打鐘式踏切にも萌えるし。
きっとまた撮影に行けば、今度は何かいいことがあるかもしれません。

こちらの記事へ続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/987-4e27813e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)