>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ありがとう!小さな銀座線

銚子電鉄デハ1001号が、2月28日を以て定期運行終了となりました。
27、28日の2日間、日中5往復の臨時列車が運転されたので、27日の方に参加してきました。


まずは定番、君ヶ浜の灯台キャベツから。
1001号、引退を前に屋根周りが茶色になって、より引き締まった印象になりました。
そうそう、前から何か物足りないなーと思っていたんですよね。
営団時代は黄色に屋根周り茶色でデビュー、晩年に単色化という流れだったようです。
今の東京メトロ1000系がこの色ということもあって、銀座線と言えば、やっぱりこのカステラ色がしっくりきますw


単行で走れるクルマも、気が付けばコイツが最後。
銚電といえば、1両の小さな電車がコトコトと走っている…というイメージも過去のものに。






撮影ポイントを転々と。
東京の地下からやって来て22年、もうすっかり銚子の地に馴染んでいた1001号です。


撮影地を移動するときに、少しだけお名残乗車もしました。
半分がネタ幕w


そういえば正面のこれもネタ表示。
サンキュー!!


定期列車の方は、緑の2001編成でした。



こちらも前回と比べてちょっとした変化が。
正面に車番が入り、側面の車番もプレートから国鉄フォント風(?)のレタリングに変更され、よりレトロな感じになりました。
CDKの文字もイケてますね!


臨時列車終了後、去年1月に引退した1002号と並べて撮影会が行われました。
ところが夕方から西側に厚い雲が沸いてきて、残念な感じに…


でも一瞬の晴れ間を逃しませんでしたよ!!
営団時代の車番が復元された銚子方、やっと順光で撮れました(走行写真は、ずっと外川方が順光だったので…)


ここは渋谷か新宿か。
みんな都会にいた頃の塗装に復元されているというのも、思えば凄いことですね。
まるで博物館です。


おや!?2000形が塗装変更??


ではなく、去年9月に銚子入りした新型車両3000形
2000形と同じく元伊予鉄ですが、今回は800系ではなく700系、さらに元を辿ると京王の5000系です。
なので車体の幅が少し広くて裾絞りがあり、銚子方の先頭車も貫通型になっています。
弧廻手形も3000形の写真でした。


2002編成のサボにも、さりげなく3000形のイラストが描いてありました。
今度は澪つくし号みたいな塗装になるのですね。
完成が楽しみです。


澪つくし号といえば、犬吠駅前にこんなものが。
関連記事
スポンサーサイト

銚子電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/02/28(日) 23:25 ]

<<常陸の国へ渡った営団2000形たち | ホーム | 京急に普快車がやってきた!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/985-64942677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ