> 私鉄屋雑記帳 お別れも雨ガエル #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



お別れも雨ガエル #2
1#の続きです。


2月14日、青ガエル最終日。
当初は北熊本で撮影会の後、夕方に出庫する予定でしたが、混雑緩和の為、急遽朝から青ガエルが運用入り。
北熊本では6000系、01系、200系が並べられ、そこへ30分に1回、平面ガエルが顔を出して4並びになるよう配置されていました。


色々とゆるい北熊本車庫に、まさかの01系…
凄い時代になったもんです。


15時頃になると”4並び”の01系が出庫の準備を始めました。
青ガエルは北熊本15:29着で一旦入庫、16:32発で再び出庫すると告知があり、どうやら2ヤマ分の運用を01系にバトンタッチするようです。
しかし、ここへ並べても平面ガエル側。
さて、どうするのか…




群衆を掻き分け進む青ガエルwww

なんと、強引に手前へと移動して来ました!!
徐行運転とは言え、車両との間にロープもないというデンジャラスっぷり。
こんなことが出来てしまうのも熊電だからこそ、だと思います。
※上の写真のみ、動画からのキャプチャーです。


ここで、ラストラン出発式が行われました。
熊本電鉄社長、熊本県知事、そしてくまモンも出席していましたよ(笑)


空いたところを見計らって1枚。


同郷の士。
渋谷で顔を合わせていた両車…と言いたいところですが、青ガエルは1980年に東横線から撤退、一方の01系は1984年デビュー、しかも熊電へ渡って来たクルマは平成生まれの4次車ですから、お互い面識はないのですね。




出発式が終わると、再び青ガエルへ車交。
このように一旦本線上へ出て縦列停車して交換します。
折り返し時間は3分しかなく、おまけに青ガエルは超満員で遅延しまくっていました(^-^;

このあと北熊本20:59着を以って、運行終了となりました。
製造後58年、もう他の私鉄へ渡った青ガエルたちは、21世紀を迎える前にほぼ置き換えられてしまっていたというのに、本当に熊本のクルマは長生きでしたね。
今後5101A号は、北熊本で動態保存されるそうです。


***




こちらは約1年前の2015年1月に撮影したもの。


まだ青ガエルは2両体制、今は解体されてしまった5102A号が運用に入っていましたが…



やっぱりでした。


それもかなりガッツリ降っていて、なんと上熊本付近では線路が冠水していました…!!
踏切の遮断棒も完全に下がり切っておらず、この位置なら交わせるだろうとカメラを構えたら、見事に被られw
車両は新しくなりましたが、この地方私鉄らしいアバウトさは、いつまでも残っていて欲しいですね。

こちらの記事へ続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/982-8255f1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)