> 私鉄屋雑記帳 阪急のヘッドマーク2題
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急のヘッドマーク2題
こちらの続きです。
夕方になり阪急の某編成が動き出したようなので、十三でバルブすることにしました。



と、その前に梅田で初詣マークも撮っておきましょう。
これもブログにはアップしていない年がありますが、京急の大師線とともに毎年恒例で記録しています。


でもって、来ましたよ!
お目当ての某編成とは、6000系の6050編成でしたー。
「ワンハンドル運転台車両導入40周年」イベントの一環として、2015年10月1日から記念ヘッドマークを取り付けて運行されています。


西北止まりなので、後続の準急で追っかけ。


40年前に阪急初のワンハンドル車両としてデビューしたC#6050、C#6150の2両。
登場時は2200系のC#2250、C#2251という車番でした。
この2200系は実験的なクルマで、ワンハンドルの他、電機子チョッパ制御や、前面の方向幕なども阪急では初の試みでしたが、8連1本しか製造されず、その後はVVVF試験車として一部の中間車が改造されたり、震災の影響で編成を組み換えたり…。
紆余曲折を経て、今では全車両をT車化のうえ、先頭車2両は中間に7000系6両を挟んで8連に、残りの中間車も6000系の各編成に組み込まれ、それぞれ余生を過ごしています。



側面には懐かしのHマーク、旧社章も復活!
このHマークはリアルで見た世代ではないのですが、現行の花マークよりも断然カッコいいって思うのは私たけでしょうか。
国鉄然り、営団然り、この手のロゴマークは昔の方がシンプルで、見栄えすることの方が多いように思います。

それにしても、ワンハンドル40周年だなんてマニアックなイベントをやってしまうところが、阪急らしくていいですよねw
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/980-6a1be95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。