> 私鉄屋雑記帳 森小路駅撮りと天満橋俯瞰
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



森小路駅撮りと天満橋俯瞰
1月4日は午後から予定が空いていたので、阪急の某編成を狙おうと思っていたのですが、生憎この日は朝ラッシュを終えると、すぐに寝床へ戻ってしまったとのこと…。
そこで、旧塗装が消えてから全く撮影していなかった、お京阪へ行ってみることにしました。


超ド定番の森小路へ行くと、さっそくガイコツテール!吊り幌!しかも2枚看板ですよ!!
向かって右側は京阪百貨店守口店の開業30周年記念、そして左側の猫の写真が可愛らしいマークは写真展のPR看板。
塗装は変わっても、魅力は変わらず、ですね。


次は幌無し、角テールの2600系30番台。
13000系が登場して、この卵型車体のクルマたちも風前の灯か…と思っていたのですが、ググってみると2600系だけでも7連7本が活躍しているようです。
以前なら、編成を短くして宇治線か交野線へ持って行ったんでしょうけど、今はどちらもワンマン化に伴い新車で揃えられているので、支線よりも本線の方が総じてボロいという状況にw


縁の下の力持ち5000系!
そうそう、このデビュー45周年記念マークを撮りたかったんですよ。
混雑対策の切り札として登場したこのクルマも、もうデビューから45年ですか…。
直線的なデザインのお陰か、あまり古臭さを感じさせませんね。


全編成がエレガント化した8000系。
これで暫く動きは無い…かと思いきや、今度は6号車をさらにハイグレードな内装へと改造して、座席指定の特別車両「プレミアムカー」とするそうな!?
改造期間中は暫定的に7連で走るとのことで、これまた目が離せません。



今度は京都方面から別の5000系が現れました。
ヘッドマークは「5000」の数字に5扉のイラストも描かれていて、お洒落にまとまっています。


出ました!2600系の中でも一番渋カッコイイ、助士席側が2段窓になっているタイプ!!
しかもこのクルマ、転落防止幌の台座まで付いているではありませんか♪


さて、小一時間撮影したところで2200系に乗車。
この緑々した車内、昭和の京阪って感じですねー。


天満橋で下車し、向かった先は某ビルの屋上テラス!


ガラス越しですが、複々線区間を大俯瞰できます。
もう少し早く知っていれば、ここで旧塗装や3000系も撮れたのになぁ…(ボソッ


さっき森小路から乗った2200系が戻って来ました。


2枚看板の2600系。


5000系。


2400系。
京阪の旧型車たちは、屋根上に大量の室外機とパンタグラフを乗せていて、上から眺めても面白いですね。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/975-ece21d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)