> 私鉄屋雑記帳 200m最後の新年
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



200m最後の新年
こちらの続きです。
山電から阪神へ入って尼崎、奈良行きに乗り換え、流れるように近鉄上本町へ。
さらに谷町線へと乗り換え、向かった先は阪堺電車の松虫電停でした。


あべのハルカスをバックに撮れることで有名になった、このポイント。
そういえば、まだモ161形をここで撮っていなかったなぁと思い出し、正月三が日の増発ダイヤなら1台くらい動いているだろうと、挑んでみることにしました。
するとどうでしょう、待つこと20分ほどで、



162号がやって来ましたー!!

ところが肝心の折り返し、天王寺駅前で縦列停車をやっているらしく、これがなかなか戻って来ません。
気が付くと足元の影は成長し、時間との戦いに…


はい、1両すっぽりとはいきませんでしたが、なんとか正面だけは持ち堪えてくれました。
スポットライトを浴びる米寿の電車と、高さ日本一の高層ビル。
この新旧ごった煮な感じは、今の天王寺界隈を象徴する光景ですねぇ。


また今年1月31日に住吉~住吉公園間が廃止となる為、モ161形各車には「ありがとう住吉公園駅」と書かれた、小さな円形のヘッドマークも取り付けられていました。


たった1区間、距離にして200mですが、同区間の廃止で、かの有名な住吉の平面クロスも消えることになりました。
軌道同士の平面クロス、あと国内で残るは高知のはりまや橋くらいでしょうかね。
広電の高架新線が計画通りに進めば、稲荷町交差点に平面クロスが新設されるようですが…。


と言うわけで、後続の電車に乗って住吉公園へ。


モ161形が良く似合うレトロなホーム。
この区間、随分前に乗り潰した記憶はあるのですが、平面クロスばかり撮っていて、駅自体はあまり印象に残っていませんでした。


これまた年季の入った、行灯式の乗り場案内。
住吉公園駅はホームの長さが2両分あり、ラッシュに備えて縦列停車もできるので「うしろ」「まえ」の表記があります。
昔は賑わっていたようですが、


そんな設備も、今では宝の持ち腐れwww
つい最近までは住吉公園を発着する電車も結構あったんですが、2014年3月1日のダイヤ改正でバッサリと減らされてしまい、朝ラッシュ時にしか電車が来ない状態に。
日本一終電が早い駅という、あまり嬉しくない肩書を手に入れてしまったのです。


これぞ大阪の下町!という感じの、ディープな空間が広がっている駅舎内。


駅名も右横書き!旧字体!!
今日は目を覚ましたように大賑わいですが、きっと普段は南海の立派な高架線の横で、ひっそりと佇んでいるのでしょう。



日没前に沿線撮りしておこうとカメラを構えると、なんと1001形「青らん」がやってきました!
通常は天王寺~浜寺公園で運転されている1001形、それも去年デビューしたばかりの「青らん」編成です。


住吉と言えば平面クロスが注目されがちですが、この曲線上に設置されたシーサスクロスも、なかなかお目に掛れません。
住吉~住吉公園間の廃止には、老朽化した設備の改修費が捻出できないことも理由の一つになっていますが、こんな特殊な分岐器が2ヶ所もあれば、そりゃあ費用も嵩みますね。
たかが200m、されど200mです。



鳥居前へ出ると、166号、162号が続けてやって来ました。
以前は雲電車や広告塗装なんかもありましたが、今はどのクルマもシックな塗装になって好印象です。


最後に細井川から164号に乗って、恵美須町へ戻りました。
ツイッターによると、この日は161号も日中に1往復だけ動いていたようです。
それでも稼働車はたったの4両、2年前に比べると寂しい限りですが、こうして戦前生まれの古豪が走っているだけでも感謝しなければなりません。
モ161形の動向と、住吉公園がなくなった来年以降の正月輸送も、どうのような変化が起こるのか注目ですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/974-b4aef358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)