> 私鉄屋雑記帳 名鉄モンキーパークモノレール
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



名鉄モンキーパークモノレール

あけおめです!
毎年恒例となっています、干支にちなんだ鉄道ネタ年賀状シリーズ、今年は「申」ということで、2008年12月27日に廃止となった名鉄モンキーパークモノレール線の写真を加工してみました。


一昔前の名鉄は、モノレールに路面電車、ディーゼルカー…鉄軌道よろず屋状態、何でもアリが魅力でしたね。
フリーきっぷ片手にワクワクしながら乗り回したものですが、そんな名鉄でも特に異彩を放っていたのが、このモンキーパークモノレールでした。


モノレールは犬山遊園~動物園間1.2 kmを結んでいました。
犬山遊園で犬山線と接続していましたが、モノレールの改札口は別の場所にあり、自動改札などハイテクなメカは一切ありません!
当時幅を利かせていたパノラマカードも、モノレール線は利用範囲外です。


車両は開業時から活躍しているMRM100形が3両編成2本在籍していました。
全区間単線で、途中に交換駅もない為、通常時は2編成のうち1本が、30分ヘッドで行ったり来たり。
増発はできない構造でしたが、廃止5日前のこの日でも満員で乗り切れない、というようなことはありませんでした。
それでも普段とは雲泥の差だったようで、廃止が決まる前にも乗ったことがある友人によれば、お客さんが他に居ることにビックリだったとかw


車体のリベットが古さを物語っています。


車内は、こんな風に大きな幌で繋がっていて、先頭から最後尾まで見渡せるようになっています。
タイヤハウスの出っ張りも上手いこと処理されていて、窮屈な感じはしません。



昭和37年!!

跨座式としては日本初の営業路線だったモンキーパークモノレール。
なんと東京モノレールの先輩なんですよ。
東京モノレール開業時に用意された100形が、とうの昔に廃車されていることを思うと、環境が違い過ぎるとはいえ、このMRM100形は本当に長生きでした。


形式、定員、自重が書かれたプレートに、「HITACHI ALWEG」の立派な銘板も。
開業当初は、さぞ珍しい自慢の乗り物だったんでしょう、主張しまくってますwww


運転台もアナログな感じ。
車内に冷房は無く、運転席の横には小さな扇風機がありました。
前面は大きなガラス張りなので、夏場の運転は相当暑かったのではないでしょうか。
MRM100形の廃車によって、名鉄では晴れて冷房化率100%を達成しました。


動物園まで乗ってとんぼ返り、最後に遊園付近で1枚だけ沿線撮りをして〆としました。

というわけで「申」からのモンキーパークモノレールでしたー。
モンキーパークの所在地は犬山ですから、あれ?再来年ももう一度このネタが使えますね(笑)
この”犬”山に”モンキー”パークという語呂の良さ(?)は、個人的に凄く好きだったりしますwww

ではでは、相変わらずこんな感じのブログですが、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※写真は全て2008年12月23日撮影(一部、以前公開していた記事の写真を再編集し掲載しています)
※この記事はタイマー機能で自動的に公開しています。

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/972-0bc78049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)