> 私鉄屋雑記帳 日本最後の開放式寝台車に乗る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



日本最後の開放式寝台車に乗る
こちらの続きです。


札幌駅のコンコースに置かれていたPRボード。
北海道新幹線開業まで残り141日、それは急行はまなす号の終りを告げるカウントダウンでもあります。


というわけで、やっと本題(!?)の急行はまなす号
今回はこれに乗る為に北海道までやって来たのでした。


青い車体に、客車2段式寝台を示す三つの星。
はまなす号は急行列車なので、いわゆる「ブルートレイン」ではありませんが、定期の寝台特急がサンライズ号しか残っていない現在、日本最後の由緒正しき国鉄の寝台列車といえるでしょう!!

それにしても、まさか国内で最後の開放式寝台車が、華やかな寝台特急ではなく、どちらかと言えば地味だった急行はまなす号になるとは…(^-^;


今回乗車するのは増結21号車
1号車と2号車の間にあるから21号車なのだそうで、決して21両も繋いでいるわけではありませんw
はまなす号は過去に3回乗っていますが、そういえばB寝台に乗るのは今回が初めてです。


そうそう、これですよ!これ!!
前回乗ったのは急行銀河だったか、とにかく久しぶりの開放式寝台。
もう乗ることもないかなぁ…と思っていたのですが、みんしあのときに保存会の方とオロネ24の車内で夜行列車について熱く語り合っていたら、最後にもう一度乗りたくなってしまったんです。
今なら寝台券もなんとか取れる、これを逃したら絶対に後悔するだろう、窓口で無事に切符を確保できたときは嬉しかったですねぇ。


開放式寝台に乗って感心するのが、この狭い空間を有効に活用した構造。
通路の屋根裏は荷物置き場になっているんです。


いつも着ることなく、置き場所に困る寝間着w
JR東や西では、確か国鉄時代と同じ”工”が連なったデザインだったような気がするのですが、北海道のものはJR柄になっています。


函館のカマ替えは絶対起きるぞ!と意気込んでいたのですが…


結局DDのホイッスルで目が覚めて、慌てて降りたら付け替えられた後でした(汗;


函館の発車は3:56。
今年の10月から、北海道新幹線開業に向けた準備が深夜に行われる為、発車時刻が34分遅くなっています。


テールライト染みる青い車体のカッコイイこと!

寝台車の他にも、座席車やカーペットカーなど、様々な車両を連結している急行はまなす号。
もう日本中を探しても、こんなワクワクするような編成の列車は他にありませんね…。


再び仮眠をして、目が覚めると本州に入っていました。
最後尾から過ぎゆく景色を眺められるのも、客レの醍醐味。


おや、こんなところに651系と211系が!?


通常ダイヤよりも40分遅い、6:19に青森着。
はまなす号に40分も長く乗れたのですから、時間変更に感謝しなければなりません(笑)



すぐにED79は切り離されて側線へ。
次に入換え用のDE10がやって来て、車庫へと引き上げて行きました。
こうした終着駅での儀式も、もう国内では殆ど見られなくなってしまいました…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

三条イツキ様こんばんは
急行はまなすを満喫された様子が伝わってくる素晴らしい記事ですね。私はこれまで10回以上はまなすに乗っていますが、自由席車にしか乗ったことがありません。九州ブルトレでは何度となく開放B二段にお世話になったのですが…。

下りは青森→函館の、上りは札幌・新千歳空港→東室蘭への最終列車を兼ねていて、かなり重宝したのですが、無くなってしまうのは本当に残念です。

最後になりますが、ブルートレインの定義は、
固定編成の客車列車で、全車(全席)寝台であること、です。
急行でも例えば定期の急行銀河はブルトレです。臨時は14系座席車だったので、ブルトレではありませんが。

こう書くと、食堂車やロビーカーを連結したらブルトレではないのかと異論が出そうですが、安心してください。履いてますよ。
…冗談で、食堂車やロビーカーには着席定員の設定がない(座るための切符が発券されない)ので、これらを組み込んだ編成もまた、やはりブルトレということになります。
【2015/12/27 17:16】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]

Re: タイトルなし
社長さま、こんにちは!
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

私も自由席車は、北海道&東日本パスで海峡を渡るときに、お世話になりました。
全国の夜行列車自体が壊滅的な今、座席車で一晩過ごすこともまた乙なものです。

おお、そういえば急行銀河も、定期の方にはブルートレインマークが付いていましたね。
全車寝台で思い出したのが、以前あかつき号の最後尾に1両だけ連結されていた「レガートシート」ですが、
まぁあれは例外中の例外でしょう(^-^;
【2015/12/29 12:31】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


三条イツキ様
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします

あかつき・なはのレガートシートについては、ブルトレの呼称が定着して国鉄がJRになってから増結されたものですので、定義からは外れますね。

もともと私が幼少の頃でさえ、20系あさかぜにはナロ20が1両連結されていましたが、そのことをもって、あさかぜはブルトレではないという鉄道マニアは少数派だったと記憶しておりますので、そんなものでしょうね(^^;;
【2016/01/03 13:13】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]

Re: タイトルなし
社長さま、
あけましておめでとうございます!

20系客車にも座席車がありましたね~。
実車は見たことがないものの、昔KATOのカタログに載っていたことを思い出しました。
座席車とは言っても”ロザ”のみで、風格を感じたものです。
【2016/01/07 22:15】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


こんにちは。
はまなす号のお写真、乗車記、楽しく拝読させて頂きました。
この列車が廃止になり日も経ちましたが、今でも残念に感じます。
400キロの距離を寝ている間に移動できるという機能性もありますし、旅情を感じさせてくれる旅人に愛される列車として感情に訴える側面もありました。
様々な設備を持った青い客車の編成を機関車が牽く姿は、画になりましたし、駅で見送っていると旅に誘われているような気持ちになりました。
ご記載のように、もう、こんなにワクワクする在来線の実ニーズを捉えた列車には巡り会えない気がしています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
【2016/11/14 14:24】 URL | 風旅記 #O7xVy9HA [ 編集]

Re: タイトルなし
風旅記さま、こんばんは!
コメントありがとうございます。

もう日本国内のどこへ行っても、あの風情ある開放式寝台で旅が出来ないと思うと寂しい限りですね。
列車自体も魅力的でしたが、途中駅からorまでの利用も多い印象がありましたし、札幌~青森間は夜行バスなどのライバルもいない独壇場で、そんな環境だったからこそ最後まで残れたのでしょう。
それだけに、本当に惜しいなぁと感じます。
レールを新幹線に譲る必要さえなければ…。
【2016/11/14 22:22】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/970-20b11de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)