> 私鉄屋雑記帳 静鉄A3000形甲種
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



静鉄A3000形甲種
去年の今頃に発表された、静岡鉄道の新型車両A3000形が、いよいよ姿を現しました。



まずは逗子から。
1000系の流れを組む”くの字形”の先頭部…というところまでは分かりますが、新鶴見でスイッチバックするからか、前後とも厳重にカバーされていて顔は拝めません(-_-;


うーん…側面だけ見ると、ちょっと完成予想のイラストと違う気がしますね。
もう少しシンプルというか、凹凸がない印象だったのですが…。
まぁカバーを外せば、また変わるような気もします。


今後8年間で12編成を製造、そのうち7本は1編成ごとに色を変えるのだそうです。
今回の第1編成は富士山をイメージした青とのこと。


横須賀線とお揃いのカラーですw


続いて小倉陸橋。



新鶴見で電機に付け替え、一路富士へと下って行きました。

地方私鉄ながら、勢いのある静鉄さん。
今の1000系は順次引退することになりますが、手頃な2連でステンレス車体ですから、他の地方私鉄から引く手数多なのではないでしょうかw


そういえば、急行運転を始めてから一度も訪ねていないので、また近いうち撮影に行きたいですね。
※この写真のみ2010年3月4日撮影
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/969-084068af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)