> 私鉄屋雑記帳 留萌本線、最果ての終着駅へ
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



留萌本線、最果ての終着駅へ
こちらの続きです。
札幌でマルヨし、翌朝は2016年度中の廃止が予定されている、留萌本線の留萌~増毛間へ乗りに行きました。


留萌へは沿岸バスの「特急はぼろ号」で2時間ちょっと。
JRでも行けることは行けるんですが、特急を使っても所要時間はバスと大差なく、それ以前に留萌本線の本数が少な過ぎて、ちょうどよい時間に列車がなかったので、それじゃあ行きはバス、帰りはJRにすれば変化もあっていいだろう、というわけです。
写真は砂川PAで休憩中に撮影。


はぼろ号は留萌駅前には乗り入れないので、駅から一番近い元川町バス停で下車。
15分ほど歩くと、いかにも国鉄!という感じのコンクリート造りな駅舎が姿を現しました。


駅舎は立派ですが、次の列車は1時間後、ガランとしています。
留萌本線はJRの本線と名乗る路線のなかでは日本一距離が短く、優等列車も走っていない、実態は行き止まりのローカル線です。
留萌から先が廃止になると、さらに短くなってしまいますね…

開店休業状態の窓口で乗車券を買い求めると、増毛駅の入場券もここで売っていたので、それも購入しました。


留萌の街を眺めながら、海バックで撮影できるポイントへ。
天気はイマイチですが、鄙びた港町にはこんな曇り空の方が似合うかな、なんて思ったりもします。


海バックの撮影ポイント、実は瀬越駅から徒歩5秒くらいだったりw
とは言え本数が少ないので、列車に乗って来て撮るのは難しいでしょうね(^-^;


次は俯瞰。
12時台の1ヤマは、増毛駅を10分でとんぼ返りして来るので、効率よく撮れます。


留萌駅へ戻る途中、坂を下った先にバス溜まりを見つけました。


そこは沿岸バスの留萌営業所!
古いトタン屋根の車庫に、年季の入ったクルマたちが休んでいました。
長距離路線が多い土地柄、止まっているのは観光型が目立ちます。
数少ない路線型は、これまた車両によって塗装がまちまちで、広告を剥がしてそのまま走っていると思われる白い車体のクルマも居たりと、ゆるーい感じ。
左から2台目、緑色のバスはリバイバルカラーのようです。



留萌14:21発の増毛行きに乗車。
キハ54の単行です。


車内は、キハ183系由来の簡リクが並んでいます。
普通列車としては上等ですが、集団見合い型で固定されているので回転はできません。
思っていたよりも乗客は多く(半数は同業者さんという感じでしたが(^-^;)、座席はほぼ埋まっていたので、最後尾のデッキへ。
なので、この写真は増毛駅で下車する直前に撮影したものです。


留萌~増毛間は、留萌を出て大きく左にカーブすると、あとは日本海沿いをへばり付くように走ります。
車窓右手はひたすら海!海!海!です。


北海道名物の”ヨ太郎駅舎”も、潮風の影響でご覧の通り…


これまた北海道らしい仮乗降場タイプの阿分駅。
1両分にも満たないホーム、出てすぐのところには踏切があります。
増毛行きはいいとして、帰りはどうするんだろう…まさか踏切を塞いだまま止まるのか!?
と、わくわくしながら帰りも最後尾から眺めてみたところ、そのまさかでしたw


そして増毛に到着!



1面1線、ぷつんと途切れたレールの先には木造駅舎。
最果ての終着駅に相応しい、素晴らしいロケーションです。


駅前にも風情ある建物が並んでいますが、こちらはちょっと観光地ナイズドされ過ぎかな…という感じもします。
折り返しの深川行きまで50分、手持ちぶさたになったので駅ノートに記帳をしたら、後日、増毛を訪ねた友人からLINEが。
なんと、ノートのコメントを見つけられてしまいましたwww

こちらに続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/967-d7ea15ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)