> 私鉄屋雑記帳 湘南の鉄道撮り歩き #3
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



湘南の鉄道撮り歩き #3
#2の続きです。
藤沢で、ふと”ある車両”を撮影しておこうと思い付き、東海道線に乗って茅ヶ崎へ。


茅ヶ崎からは、県央の大動脈(笑)である相模線に乗り換え。
相模線なんて乗ったの何年ぶりでしょう。
車両は相変わらず変な顔をした205系ですが、駅に着く度にドアの半自動扱いを説明する自動放送が流れるようになっていて、少しやかましく感じました(^-^;
以前乗ったときは無かったと思います。


厚木で下車。
ある車両と言うのは、背後に写っている相鉄の車両なのですが…


いたいた!こいつですよ、こいつ。



真っ白な7601号車!!

青とオレンジ帯の新塗装化すら完了していない(9705Fが残っています)なか、さらに紺色一色塗りの「YOKOHAMA NEVYBLUE」なる、新塗装がお披露目されたのは記憶に新しいところ。
実は、その新塗装が発表される1年ほど前に、かしわ台車庫で車体中央部を境に青と黒(濃紺?)の2色塗りになった7601号の姿を見た、という目撃情報がネットに上がっていました。
恐らく”試し塗り”とはいえ、まだ未発表の塗装のまま外へ出すのはNGなので、厚木へ移動させる際に白く塗り潰した結果が、今のこの姿なのでしょう。


驚きの白さ!
ただ闇雲に塗りたくったというわけでは無く、ちゃんと車番や方向幕などにはマスキングも施してあります。
ここまでするなら、青帯とオレンジ帯も足してやりたくなりますねw




白い7601の他にも、7157、7156、7512、7144、7006の計6両が留置してありました。
通常の営業運転ではありえない7000系と新7000系の混在編成、そして新塗装の試し塗り(だったもの)と、早くも旧々塗装となってしまった赤い相鉄との夢の共演。
これもまた過渡期の相鉄を象徴する姿ですね。

…まあ塗装に関して言えば、相鉄の場合、いつの時代も過渡期のような気もしますがw


万系の旧塗装なんて、もう既に「あぁそんなのもあったなー」レベルです(笑)
※この写真は2009年2月9日撮影


海老名駅の売店を覗いてみたら、買おうか悩んでいた新7000の鉄コレが普通に平積みしてあったので、お買い上げw
さて横浜へ戻ろうと改札口を抜けると…おや、こんなのところで旧塗装の新7000系が活躍しているではないですか。
車両の紺色化とともにサインシステムも一新するそうですが、こういうものは意外と残るんだろうなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/961-c40ea1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)