> 私鉄屋雑記帳 秋色みんしあ #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



秋色みんしあ #2
#1の続きです。


2012年の第1回から、毎年欠かさず参加している国鉄バス。
方向幕は…修学旅行!?


こちらも毎年お馴染の備中バス。
ボンネットバスの運行区間は、去年と同じ刈谷商店街~ポッポの丘間でしたが、今回は往路で「第二 五之町踏切」の前を通過するというルートになりました。
そう、あの狭い農道へ突入したんですw



白煙を上げて急坂を登る!
ポッポの丘までラストスパートです。



今年が初参加のオレンジ色をしたボンネットバス。
山形交通を引退後、スキー場や温泉宿などの送迎用として転々と活躍したそうで、このフルーツ牛乳のような塗装は、その頃に塗り替えられたのでしょうかね。

さて、今年もやって来ましたポッポの丘。
毎年行く度にコレクションが増えているのですが、今回はまた予想の斜め上を行く新入りが…!!



!?

いやもうマジで斜め上過ぎて、車体まで斜めになってますよケーブルカーですからwww
車体に”TANZAWA”と書かれている通り、これはリニューアルが行われ今月1日に運転を再開した大山ケーブルの旧車両、たんざわ号です。


大山から搬出する際に、足回りや内装、ガラスを取り外して重量を軽くし、ヘリコプターで空輸(!)した為、まだ車内はスッカラカンでした。
活動を行っている方にお話を伺うことが出来たのですが、この車両は大山ケーブルたんざわ号保存会が保有していて、ポッポの丘に場所を借りて置かせてもらっているのだそうです。
週末に保存会の皆さんが神奈川から出向いて、少しずつ復元作業を行っているとのこと!
現役さながらの傾斜地に保存されることになったたんざわ号、完成が待ち遠しいですね。


また丘の上の国鉄型スペースには、183系が新たにもう1両仲間入りしていました。
非貫通タイプのクハ183-1527で、末期は長野地区を中心に波動用として活躍していたクルマです。
幕のチョイスがマニアックwww


懸垂式モノレールの前をボンネットバスが走る、というシュールな光景も「みんしあ」ならでは、ですね。


そんなこんなで、気が付けば最終バスの時間に。


さすがにお客さんは少なかったのですが、人間の代わりにバス停とパイロンが乗り込んできましたw
どうせ後で回収に来るなら、一緒に運んじゃった方が効率がいいですもんね。


バス窓に映る田園風景。
のんびりとした時間が流れ、本当にタイムスリップしたかのようです!


そして最後は恒例の撮影会。
今年はなんと、


幕回しも行われました!
現役時代にゆかりのある地名を表示している両端2台に対して、昼間からネタ表示だった国鉄バスは列車代行ですかwww



さらにさらに井笠バスも共演し、豪華4台並びが実現!
…というところで、そろそろ日も暮れてきたので、お開きの時間に。


心配していた雨も朝までに止み、最後は夕焼けで終演となった今年のみんしあ。
秋のしみじみとした空気の中でボンネットバスを愉しむのも、また乙だなぁと感じました。
ベタですが、昭和の旧車たちは夕陽がとても似合いますね!

※ナンバープレートについては、ブログへの掲載許可を頂いたクルマを除いて”ぼかし”を入れています。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/953-2b7277e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)