>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

信越の3セク3路線リレー
こちらの続きです。


長岡→直江津は信越線…ではなく、上越線に乗車し六日町へ。
今回はえちごツーデーパスを利用しているので、使い倒そうというわけですw



久しぶりのほくほく線。
相変わらずの高規格路線で、はくたかが廃止になってしまった今でも、俊足っぷりは変わりません。
はくたかの代わりに走り始めた「超快速」が気になっていましたが、1日1往復しかなく、今回は残念ながら時間が合いませんでした。


まもなく直江津。
見慣れない車両が、車窓に飛び込んできました。


E127系改めET127系
かつては新潟近郊の主だったE127系、今では弥彦線用の2編成を除いて、全てえちごトキめき鉄道に譲渡されてしまいました。
そうか、新潟駅で撮影していて何か足りない…と思っていたら、コイツが居なくなってしまったんですね(^-^;


見事に3セク車両だらけw
手前の北陸本…じゃなかった、日本海ひすいラインのET122系は、なんとディーゼルカーですよ!


跨線橋の窓に映るクルマたちも様変わりしてしまいました。
ちょうど去年の今ごろに来たばっかりなのに…私の知ってる直江津と違う(汗;


はくたかやトワイライトは消え、この長いホームも文字通り無用の長物に…。


直江津から妙高はねうまラインに乗って1駅、今回も春日山で駅撮りしました。
すると、まずはE653系の特急しらゆきが通過!
フレッシュだった彼も、今では第2の人生を歩む時代ですw


続いて115系による快速電車。
てっきり3セク化で115系は撤退したかと思いきや、新潟直通の快速で残っていたんですね。

この他にも面白い運用として、北越急行のHK100形(!)が一日一往復、新井まで乗り入れて来るようになりました。


ET127系の新旧混色4連
移管直後はJRマークの撤去など最小限の変更に留めていましたが、徐々に妙高山をイメージした新塗装へ変更されていて、クモハとクハで塗装が違うという編成も居るようです。


妙高高原行きは新塗装の2連でした。
さて、これに乗って長野方面へ進みましょう。


1年前は脇野田駅だった上越妙高駅。
さっき新井へ向かった115系が折り返してきました。


ロングシートに揺られること約50分で妙高高原に到着。
沿線はJR時代と変わらず美しい車窓でしたが、それだけにもともと新潟都市圏用に造られたE127系になってしまったのは残念ですね。
二本木駅到着前には、スイッチバックを解説するアナウンスが入るようになっていたりして、少しは観光利用も意識しているんでしょうけど…


妙高高原からはしなの鉄道に。
こちら側は移管前と同じ115系なので、乗ってしまえばあまり違和感はありません。


ふと思い立って、終点の長野ではなく北長野で下車。
側線では、EF64の重連が出発を待っていました。



T1!!

向かった先は長電の信濃吉田駅。
灰色HゴムなT1をバルブできないかなーと目論んでいたら、なんと運よく一発で当ててしまいました!
さらに、この後に乗った長野行きはT6という奇跡www

この日は長野でマルヨし、翌朝はクモユニの記事に繋がります。
関連記事
スポンサーサイト

甲信越地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/09/13(日) 22:03 ]

<<世界一の路面電車都市、メルボルン #1 | ホーム | 越後交通の5E>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/944-37bce7cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ