> 私鉄屋雑記帳 緑の南海、10年越しのリベンジ #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



緑の南海、10年越しのリベンジ #2
#1の続きです。


ちょっと本線から離れて、高野線の浅香山へ。
降りて早速30000系「紫こうや」がやって来ました。
ラピートやサザンプレミアムなど少々チャラい(?)本線に対して、高野線の特急は地味な印象でしたが、高野山開創1200年を機に一変して華やかになりましたね。


編成によって側面のカラーリングが異なっていて、30001F=「赤こうや」、30003F=「紫こうや」、31001F=「黒こうや」とそれぞれ愛称が付けられています。
これは来年2月までの一時的なものですが、結果的に標準の高野線特急カラー(白地に赤)を纏っているのは、大運転を行わない11000系1編成のみに。


高野線の急行と言えば2000系!
と言っても、これは橋本止まりなので本来の使われ方ではないのですが(^-^;
やっぱり高野線を走っている姿がしっくりきます。


泉北のエース7000系、相変わらずイケメンです。


萌え電車に被られそうになった6200系50番台。
もともと8200系という形式名でしたが、2013年から足回りのVVVF化を含む大掛かりな更新が行われ、ほぼ同等の設備、システムを持つ6200系へ編入されました。


泉北の元祖萌えキャラ(?)電車、ハッピーベアル号!
8連しか居ない5000系は、日中の減車に伴って、ここ最近はラッシュ時以外あまり稼働していないようです。


6300系。
コイツも元は6100系と呼ばれていましたが、更新が行われた際に形式名が変更されています。
数字と製造順が一致していなかったり、他形式からの編入組が居たりと、なかなかのカオスっぷりを見せる6000系列ですw


圧倒的な渋さの6000系初期車!
優等列車&長編成でバリバリ現役なところも素晴らしいですね。


6200系。
こちらも更新が進められており、スカート無しのクルマは徐々に数を減らしています。


6000系後期車。
この貫通路の窓が金属支持式になっている顔の方が、6000系のなかでも多数派です。


ステンレスカーが一番カッコよく映る時間。
大きな一枚扉に無数のコルゲート、痺れますね!


この日はサザン48号で到着後、夜まで一旦入庫するとのことで、最後になんばへ。


「赤こうや」と並びました。


旧社紋も再現されたサイドビュー。
個性的な数字フォントも、やっぱり緑地の方が断然引き締まって見えますね。

9月に入りヘッドマークも「さよならバージョン」に、8月31日の深夜にはサプライズでマーク無し!!となったそうです。
とにかく10年前のが悔しくて、1回でも撮れれば満足だと思っていた緑ツートン。
こうなると欲が出て、今度は和歌山方面でも撮りたいなぁ…なんて気持ちが沸々と湧いてくるのですが、さぁてどうしましょう(笑)
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/942-2330aca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)