>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

遠鉄25F特別運行中
こちらの続きです。


名古屋の本郷から、急ぎ到着した新浜松。
いつも車庫から溢れた編成が留置されている2番線は、以前なら30形の定位置でしたが、今日は1000形がお昼寝中でした。
現在30形は2連2本にまで減ってしまい、朝ラッシュ時の定期運用も消滅、もうあまり車庫から出て来ることも無くなったのでしょう…。


さて、そんな隠居生活を送る30形のうち、遠鉄で最後の釣り掛け車となった25Fが、この夏「あかでん1日フリーきっぷ」の発売を記念して、7月18日~8月29日の毎週土曜日に特別運行されることになりました。
というワケで、まずは小松~浜北の撮影ポイントへ。


沿線は住宅ばかり、門型架線柱が撮影を阻む遠鉄ですが、今日はラッシュ時や浜松祭りの増結運用とは違ってコンパクトな2連なので、ここなら何とか。
30形となるのは日中の定期列車3往復(西鹿島発10:36、11:48、13:00)で、これは2往復目です。



続いて自動車学校前。
釣り掛けモーター音を響かせて、真新しい高架を駆け降りてきました。
コイツは電制ブレーキを使用しているので、減速時にもけたたましい唸りを発します。


そのまま西鹿島行きに乗車して…


折り返しを芝本で撮影。
夏らしい入道雲をバックに、文句なしのド順光です!
このベストコンディションにも関わらず、集まった同士はたったの数名、さすが遠鉄というべきか(笑)
まぁ運転日が多く設定されていることと、これで引退というわけでもないですからね。


芝本→新浜松→西鹿島まで乗車。
釣り掛け電車は乗ってナンボですが、こちら乗り鉄組みの皆さんもそれほど多くなく。
芝本の時点ではM車の25号側でも空席がある程で、のんびりと走行音を愉しむことができました。


音も見た目も個性的な30形。
側窓の下にある方向幕や、


貫通路まわりも特徴的な形をしていますね。


そして、この超ロングシート。
琴電1070形みたく、元々クロスシートだったものを改造しました、ということなら分からなくもないですが、30形は初めからロングですから大胆な設計だなと思います。




運用を終えた25編成は、西鹿島の狭い構内を行ったり来たりして、2番ホームの裏手へ…



!?


おや、ED282ではないですか!
そういえばコイツ、今日は定位置の西ヶ崎側線から忽然と姿を消していたのですが、こんなところに居たとは…。



それでED282に気を取られていたら、今度は車庫に入っていた51Fが突然動き始めて25Fに連結!
4連を組んだ状態で再び眠りに就きました。
この51Fはカルダン駆動車で、他の30形達とは一線を画す存在なのですが、1000や2000形と併結できないわ、2つドアだわ…と、とても中途半端なスペックなので、現在運用に入ることは殆どありません(汗;
せっかく足回りは1000形とほぼ同等の新性能電車なのに、いまいちパッとしないクルマですね。
関連記事
スポンサーサイト

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2015/08/21(金) 00:07 ]

<<箕面線に8040形 | ホーム | 消え行く昭和の地下鉄>>

コメント
またもお会いした気が…(^^;;
三条イツキ様こんばんは
8/15遠州鉄道にいらしたのですね。私もその日MLながらで浜松入りし、始発から30形入庫まで撮影していました。奇遇ですね。
最後の西鹿島行きでは、どうもお隣に座っていたようないないような…(^^;;
北総7260や5月の琴電旧型4連でもお見かけした方のような気がしたのですが、自信が無かったのでお声をおかけできずスミマセン。

30形ですが、ラストナンバーは仰るようにカルダン駆動ではありますが、発電ブレーキ併用自動空気ブレーキで、国鉄の新性能電車、私鉄で言う高性能車のように電磁直通ブレーキを装備していないので、高性能車とは言い難いですね(^^;;
東武8000系みたいな存在でしょうか。
その反動で、1000形では一足飛びに電気指令式空気ブレーキへと進化しましたね。

地方私鉄は車両更新ペースが大手より遅いので、永きに渡り世代の違う車両が混在し、併結は大変ですね。

URL | 社長 #NkOZRVVI | 2015/08/24(月) 19:43 [ 編集 ]

社長様こんばんは!
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

またまたニアミスだった様ですねf(^-^;
本文中の通り、最後の西鹿島行きは新浜松から乗っており、確か浜北あたりで席が空いたので座りました。
こちらこそ全く気が付かず失礼しました…。

なるほど、カルダン駆動で全電動車方式のものが高性能車、カルダン駆動で付随車の付いた廉価版が新性能車だと思っていたのですが、ブレーキ方式を無視していたことと、そもそも私鉄に対しては「新性能車」とは言わないのですね。
メカニカルな部分については、特ににわか知識なもので、ご指摘大変助かります。
URL | 三条イツキ #EVRdtjTk | 2015/08/25(火) 19:49 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/939-271c550f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ