>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

消え行く昭和の地下鉄
8月30日を以って引退することになった、名古屋市営地下鉄東山線の5000形。
先月から引退記念のシールを付けて走っているとのことで、さくっと撮影してきました。


この日は早朝から15時までひたすら機織りする、休日ダイヤの1運用に入っていました。
まずは地上区間の上社で駅撮り。


ヘッドマークの写真も上社で撮影されたもの。
ただ東向きなので今は逆光ですが…。


続いて、乗り納め。
ふと路線図を見ると…ちょ、黄ばみ過ぎやろwww


平成生まれの編成もいた5000形、ホームドアの為とは言え勿体ないよなぁ…と思っていたのですが、久々に乗ってみるとベージュ色をした車内は新型車両に比べて薄暗く感じ、乗り心地の方もガクガクと横揺れが激しいので、やはり古臭さは拭えませんね。


亀島で下車。
薄暗くて湿気っぽいホームが”昭和の地下鉄”していて、5000形に良く似合います。


ただ、レトロなこの駅にも近々ホームドアが…




また地上区間に戻って、今度は本郷で撮影。
文句なしのコンディションでした!


満足したところで、すぐさま高畑行きに乗車、赤い釣り掛け電車を目指して浜松へと向かいました


***


以下3枚は2009年8月に撮影した写真です。


この日は名鉄7700系を撮る予定が、朝から大雨で…
N1000形がデビューして1年、5000形も先が見え始めていた頃だったので、先端まで屋根のある藤が丘で駅撮りしていました。


とは言え、当時まだN1000形は1編成のみ。
東山線の半数弱が5000形でした。


この特徴ある窓割りとオレンジのモケットは、どことなく今は亡き札幌市営の6000形を思い起こさせますね。
網棚が無い…いや、一応5000形には申し分程度の網棚が付いてましたけど、日本の標準仕様ではないところもそっくりです(笑)

東山線は便利な場所を通っているので時々利用するのですが、いつもあのベージュ色の車内にたくさんのお客さんを乗せて走っている、そんなイメージがありました。
開業時からの車両ではないものの、名古屋最古の地下鉄路線である東山線の歴史と風格を感じさせたものです。ちょい大袈裟か…(^-^;
引退した車両の一部は地球の裏側、アルゼンチンのブエノスアイレスへ渡ったそうで、いつかは乗りに行きたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2015/08/16(日) 22:16 ]

<<遠鉄25F特別運行中 | ホーム | 万代口バスターミナル>>

コメント
こんにちは。

私は今から30年以上前の小学生時代、東山線藤が丘に住んでいたので、本記事を懐かしく思いながら読了させて戴きました。

当時は非冷房の100系や300系が主流で、冷房完備、且つ静かな5000系が来るのを心待ちにしていた記憶が有ります。

何時の日かアルゼンチンに行く事が出来たら、300系や5000系に、「お疲れ様」とメッセージを贈りたいですね。

URL | palport #- | 2015/09/06(日) 11:52 [ 編集 ]

palportさま、こんにちは!
コメントありがとうございますm(_ _)m

5000形がデビューした当時は、今以上に在来車とのサービスレベルの差もあって、さぞ輝いて見えたでしょうね。
名城線の1000形→2000形の進化も凄まじいものがありました。

アルゼンチンへ渡った5000形が、地球の裏側で再び黄電たちと再会すると思うと、胸が熱くなりますね!
あちらでは増発用として投入されるとのことで、名古屋OB同士、末永く活躍して欲しいなぁと思います。

URL | 三条イツキ #EVRdtjTk | 2015/09/06(日) 14:19 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/938-e8368d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ