> 私鉄屋雑記帳 新潟駅雨宿り鉄
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



新潟駅雨宿り鉄
旬のネタを先にアップしたので、記事が前後してしまいますが、「懐かしの115系諏訪号、天竜号」の前日は、新潟界隈で撮影をしてから長野入りしました。


新潟は2008年6月にキハ58、52を追っかけて以来、じっくりと撮っていなかったので、E129系の登場で崩れ始めた115系のパラダイスを今のうちに記録しておこう…という腹積もりだったのですが、いやいや天気悪過ぎですよ(汗;
朝っぱらから滝のような雨、露出も上がらず仕方なく駅撮りです。


ホームの軒下に居ればいいものを、何故か貫通路で雨宿りしようと試行錯誤するカラスくん。
殆ど雨を防げていませんwww


磐越西線からの直通列車2225D。
新旧新潟色のキハ47に国鉄色もどきのキハ48がサンドイッチされていて、カラフルな編成ですね。


個人的には旧新潟色がお気に入り。
115系は早いうちに塗り替えられてしまったのが残念です。

ちなみにこの列車、新津~新潟間は快速運転なのですが、こちら側の種別幕は普通のままでした。
故障しているのかな?と思ったんですが、


折り返し2522D(普通新津行き)もそのままだったので、単なる回し忘れでしょうかねw


お!越後線から、湘南色のN-23編成が現れました。
この列車は柏崎から越後線、白新線を経由して新発田まで行くロングラン運用の1629Mです。
3+3の6両編成で、写真には写っていませんが、前の3連は水色が爽やかな新潟色リニューアル車でした。



こちらは越後線の吉田から、信越線へ直通する羽生田行き123M(信越線内は430M)
1日1本のレアな行先ですが、新潟駅の跨線橋に貼ってあったお知らせによると、7月25日から当分の間、E129系に変更されるようです。


またまた湘南色!今度は4連のL-9編成です。

新潟には、3連のN-2、N-23編成、4連のL-6、L-9編成、合計4本の湘南色が居ます。
このうちL-6編成はモハユニットが0番台でして、今回は久しぶりにR窓と湘南色の組み合わせを拝みたいなぁ、と思っていたのですが、そう簡単には遭遇できません…。


キハE120と110をじゃらじゃらっと連ねた堂々の5連!!
こちらも磐越西線からの直通列車221Dで、折り返しは架線下で運用が完結する2524Dになります。



現在、新潟駅では高架化工事が進められています。
地平ホームにコンクリート造りのどっしりとした駅舎が、いかにも国鉄!って感じでしたが、こちらも車両とともに消えゆく運命です…。


工事に伴い、白新線と信越線の普通列車の大部分は、1番線の先に造られた仮設の頭端式ホーム8番、9番線から発着しています。
ところが、この仮設ホームが改札口から地味に遠くて、だらだらと狭い通路を歩かされるうえ、列車が到着する度に大渋滞していました(汗;
もうちょっと、なんとかならなかったんですかねーJRさん。


雨足が弱まってきたので、一旦改札を出て、近くの陸橋から俯瞰撮り。


なんかキラキラした電車がきましたwww
「きらきらうえつ号」への送り込み回送です。


ユニット窓とR窓車が混在しているL-4編成。
いろいろとゲテモノな感じの編成ですが、特に直江津方のクハ115-613は、側面に幕が設置されていなかったり、ドア窓がはめ込み式になっているなど、非常に特徴的なクルマです。
だいぶ減って来ているとは言え、まだまだR窓車を普通に見掛けることが出来るのは嬉しいですね。


3+2の混色編成。
L-4の後だと、これが大人しく見えます(笑)


8621M、糸魚川発の快速新潟行き。
信越線では「快速くびき野」の廃止で、485系を使った乗り得列車も消滅か…!?と思いきや、どっこい無名の快速として生き残りました。
しかも三セク化された糸魚川へ直通するようになるとは…。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/935-17d18cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)