> 私鉄屋雑記帳 方向板付き14720形を追っかける #3
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



方向板付き14720形を追っかける #3
#2の続きです。


電鉄富山へ移動してスタンバイ。
すると予想通り、寺田経由岩峅寺行きとして出庫してきました。


振り返ると、見事に満線!
いろんな行先や種別が並んでいるのも、地鉄の魅力ですね。


雷鳥カラー並び。
これの折り返しは、さすがに露出が…なのですが、ふと”あの儀式”を撮っていないことに気が付いたので、戻って来るのを待つことにしました。


その間、富山駅前をうろうろして暇つぶし。
撮影当時は、北陸新幹線開通まで残り1年を切った頃で、駅前の整備も急ピッチで進められていました。


仮設のバスターミナルにたむろする都バスもどき(笑)
地鉄バスと言えば、このナックルカラーを逆にしただけという安易な塗装ですが、本家ではリバイバルカラー車を除き消滅してしまったので、東京の人にはちょっと懐かしい感じもしますね。
ここ富山でも、白地に大きな緑色の丸い柄が入った新塗装が徐々に増えて来ているようです(写真の一番左に写っているクルマがそれです)


一方で、都バスもどきになる前の「旧々塗装」もまだ残っています。
こちらもブルリのサンプルカラーをパクったアレンジしたもので、 おおよそ地鉄バスは塗装に対してあまり関心がないのでしょうか(^-^;



そして、この1年で大変貌を遂げたのが市内電車。
ただ90度カーブしているだけだった駅前交差点が、今では富山駅の高架下へ乗り入れる連絡線が完成してデルタ型(!)になり、運行形態も大きく変わりました。
さらに近い将来、ここへライトレールも乗り入れて来るだなんて思うと胸熱ですな。

さて、そろそろ14720形が帰って来る頃なので、電鉄富山へ戻りましょう。


あの儀式、というのはサボ替えのことでした!


折り返しは南富山経由の岩峅寺行きになるようですが…


南富山経由の場合は矢印表記なんですね。
こちらは経由の”経”の字にも糸偏が付いていますし、比較的新しいタイプのマークなのかもしれません。


偶然にもレアな表情を見せてくれた14720形。
方向幕は、その後ちゃんと修理され、もとの姿に戻ったようです。
登場から半世紀を超えた地鉄最古の電車ですが、今も大切にされていて嬉しい限りですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/934-d16c4f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)