> 私鉄屋雑記帳 青の快速、始動
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



青の快速、始動

今日は都筑図書館へ本を返しに行くついでに、一昨日から走り初めたブルーラインの快速を初物食いしてきました。
長らく横浜市民の悲願だった優等列車が、遂に現実のものに!


快速は日中30分ヘッドで、南行き、北行きともに1日11本運転されています。
待避駅が限られていることもあって運転間隔が短いラッシュ時の設定はなく、まだまだおっかなびっくりという感じ。
関内の未成線ホームを活用できればなぁ…。


まずは安定のセン南駅撮り。
快速湘南台行き…ですが、3000N形以降のクルマはLEDが小さいので、これじゃあ普通なんだか快速なんだか(汗;


LED部分をアップで。
ここだけ切り取ってやると、一瞬、快速湘南台行き@相鉄8000系に見え…ませんかw


今までは超レア表示だった踊場行き
快速運転の副産物として日中30分に1回見られるようになりました。
なお3000A形ではLEDのサイズは大きいんですが、今度はシャッタースピードを相当遅くしないと切れてしまうという…orz


同じくLED部分のアップ。
一番右端のアルファベットと数字は列車番号で、快速運転開始に伴って、今までの数字2ケタに普通=Local、快速=Rapidのそれぞれ頭文字が付くようになりました。


次の快速は、亡き2000形の”生まれ変わり”である3000S形でした。
きっと天国の2000形も、時代の変化に驚いていることでしょう(笑)


続いて仲町台へ移動。


各駅掲示の路線図も快速対応バージョンに。
快速は普通よりも最大で8分、所要時間を短縮しています。
まぁ、それでも湘南台~あざみ野間など、所要時間も運賃も中央林間経由の圧勝なのですがw



こんなときに限ってA形ばかり…。
このクルマ、乗る分には神なんですけどね。
被写体ブレが起きない極限までシャッタースピードを落として、がんばりましたw


結局は停車中に撮るのが一番無難です、はい。


仲町台から横浜まで乗車!
いよいよ新羽を出ると通過駅が現れます。
これまで国内の第三軌条では絶対に体験できなかった通過運転、大きなドーム型をした三ッ沢の双子駅を通過するときなど、一瞬どこか外国の地下鉄にでも乗っているような気分…といったら大袈裟ですかねw
大してスピードが速いわけではないのですが、停車が少ない分、心理的に横浜が近く感じられました。


横浜で下車すると、向かい側には普通新羽行きが入線して来ました。
これまでのシンプルなダイヤから一転、突如「快速」に「踊場」、「新羽」…と、種別も行先もバラエティー豊かになったブルーライン。
今後、さらに快速の運転本数が増えると、人の流れも変わってくるのではないかと思いますね。
一番戦々恐々としているのは、特急で盛大にコケた相鉄さんではないかとwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/932-774e2c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)