>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

柵原の保存鉄道、再び
てっぱくに続き、博物館シリーズ第2弾!
と言いますか、お待たせしましたこちらの続きです(^-^;


岡山でマルヨし、翌朝(5月5日)は柵原へ。
遠い遠いと言いながら、今年もまた来てしまいましたw



今年は開園前に現地入りし、吉ヶ原9:30発の試運転から撮影開始。
本日の編成は、吉ヶ原方からキハ702+キハ303、待望の2連です!
去年のGWは終日キハ702の単行だったんですよねー。

そして、この小さな踏切を渡る何気ない写真も、1年前は絶対に撮れないカットでした。
何故かというと、


2014年11月2日に延伸した区間だからです!
以前は、踏切の手前にあった”柵原口”という臨時駅まででしたが、展示線が旧柵原駅方向へ約130m延長され、踏切を渡った先に新しく開業した「黄福柵原駅」まで、入線できるようになりました。


吉ヶ原へ戻る試運転列車。
さて本運転と何が違うでしょう!?正解は後ほどw


一旦車庫へ引き上げて、10:00発の一番列車まで小休止。



動態保存なので、今日は走っていない車両たちも、当然去年とは配置が異なっています。
前回は撮れなかったアングルで撮れたり、新たな発見があって、やっぱり”生きている”鉄道はいいなぁーと思いますね。


それにしても今日は、雲一つ無い絶好の撮影日和!
午前中は、順光になるキハ702側を撮りまくります。


公式ページの展示運転リポートによると、キハ303号が柵原方に連結されるのは、ジャンパ栓の具合の関係で稀なのだそうです。


吉ヶ原11:42発、黄福柵原行きに乗り鉄しましょう。
もちろん、前回は走っていなかったキハ303の方をチョイスw
このキハ303は昭和9年に国鉄キハ41071としてデビュー、動態としては国内最古の気動車です。
大宮の鉄道博物館に保存されているキハ41307と同型ですが、こちらは車内がロングシートになっています。


現役当時のものと思しき広告。
一体、何年前の夏でしょうかwww



黄福柵原駅の改札口には、平成3年4月1日改正の時刻表が。
末期の片上鉄道は、一日たったの3往復しか走っていなかったのですね。
ちなみに現在の展示運転も、基本は従来通り途中の”柵原口”で折り返す便がメインなので、黄福柵原まで運転される列車は、試運転を含めると同じ一日3往復だったりします(笑)


吉ヶ原駅にそっくりな三角屋根の駅舎。
これは片鉄の他の駅でも見られた、標準的なデザインなのだそうです。


昼休憩中に現れたクラシックカーたち!
キハと並べて即席の撮影会をされていたので、三条も混じって撮らせて頂きました。





午後はキハ303側を撮りまくり。
新駅が出来てダイヤが複雑になった為か、今年は臨時増発は行われず、ほぼ時刻表通りに運行されていました。


気が付けば、本日の展示運転も終了の時間に。
キハ702が切り離されて…


並びました!
営業運転時には必ず取り付けられているヘッドマークも外されて、まるで現役時代のようです。
というワケで、試運転と本運転の違いはマークの有無でしたw

最後、入庫まで見届けたいところですが、残念ながら津山行き最終バス(早ぇよw)の発車時間が迫って来たので、これにて退散しました。
関連記事
スポンサーサイト

中国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/07/06(月) 23:33 ]

<<能勢電に新型車両!?現る | ホーム | てっぱく撮り歩き>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/928-04725b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ