> 私鉄屋雑記帳 01系熊電譲渡記念ヘッドマーク
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01系熊電譲渡記念ヘッドマーク

熊本電鉄で衝撃の再デビューを果たした01系。
これを記念して、熊電へ渡った01-136編成と譲渡予定の01-135編成に、5月23日から6月7日までヘッドマークを同時に取り付けて運行されました。



というワケで、いつもの渋谷駅でサクッと撮影。
東急百貨店の解体工事もたけなわで、天井を覆う仮囲いの設置が着々と進められています。
01系とともに、レトロなアーチ型の支柱も、まもなく見納めですね。


熊電では、これと色違いで「熊本電鉄」と書かれたヘッドマークを付けていたそうです。
さすがにマークの為だけに熊本まで飛ぶなんてことはしませんでしたが、熊電を訪ねたのは01系が走り始める2ヶ月前、この時の帰りに寄り道して以来なので、また青ガエルと共存しているうちに行きたいですね。
スイマセン、まだ記事にしていませんでした…(^-^;


この日は、ブルーリボン賞受賞記念マークを付けた、1000系のトップナンバーも走っていました。


現在01系は残り18編成、対して1000系は22編成とのことで、遂に勢力が逆転しました。
幕車はまだまだ見掛けるなーという印象ですが、


もともと少数派だったLED車は、今や熊電行きが決定した01-135編成と、写真の01-137編成のみに。
01-101編成(試作車)なら未だしも、97年の溜池山王駅開業に伴って増備された01-138編成が、あっさり廃車→解体されてしまったのは何とも勿体無いですね。
まぁ単純に新しいからと言って、1本だけ微妙に仕様が異なるクルマを熊本へ持って行っても、扱い辛いだけなんでしょうけど…(-_-;


幕車(01-130編成)とLED車(01-137編成)。


同じ幕車でも、01-123編成までの非冷房でデビューしたグループは、屋根まわりの造りに違いがあります。
また非冷房グループのうち、冷房化で塞がれたルーバーの数もクルマによってまちまちで、写真の01-117編成は-217、-317号車の2両(前から4両目と5両目)だけ、車端部以外のルーバーが全て健在なのが特徴だったりしますが、


一方、冷房化改造の試作車だった01-116編成では、片側に2箇所ずつしかルーバーが残っていませんね。
こんな個体差が楽しめるのも今のうちです。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/923-510ef389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。