> 私鉄屋雑記帳 蘇る”コトデン”時代の記憶 #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



蘇る”コトデン”時代の記憶 #2
#1の続きです。


羽床~滝宮の築堤で撮影。
写真を確認していて気が付いたのですが、この4両編成は上手いこと考えられていて、どちら側も前パンになっているんですね。
なんと撮り鉄フレンドリーな編成でしょう!


続いて1070形。
どうも雲行きが怪しくなって来ました…。



旧型4連は琴平到着後23号を切り離し、500+300+120号の3連で琴平~滝宮間を1往復しました。
滝宮での折り返しが割とタイトだったので、どちらも手堅く羽床付近で撮影~。


旧型3連の後続列車に乗ると、1203編成「ことちゃんひやく号」でした。
一人(一匹?)ぽつんと発車を待つことちゃんが、ものっそシュールですwww


イルカなのか鯉なのか!



再び23号を増結して、4連で築港へと上りますが、折り返しまで1時間半ほどあります。
ここで遂に小雨が降り出してしまったので、乗り鉄にシフトしようかなと一瞬揺らぎましたが…。
空の様子を窺いながら、先行列車が出る頃には止んだのを確認して、


結局は予定通り、岡田~羽間のインカーブへ。
なんとか曇りキープでした。


後続の築港行は1070形
この”差す”タイプの方向板を使っている車両も、1070形が最後になってしまいましたね(旧型車両は”掛ける”タイプに変更されています)


瓦町で下車。
旧型4連は、築港を何と30秒で折り返して来るので、片原町まで行ってしまうと間に合いません。
琴電って、実は都会顔負けの過密ダイヤなんですよw



小雨が降る中、本日ラストの仏生山行きが滑り込んで来ました。


仏生山まで乗り鉄。
前回は旧型車両が走っていなかったので、最後に乗ったのは2007年8月の315号が引退したとき…ということは実に8年ぶりですか!!
長尾線で、志度線で、旧型電車たちを夢中で追っかけていたあの頃と同じように、今日は琴平線で浸りっぱなしの一日でした。
こうして、今も動態保存されていることに感謝ですね。



仏生山到着後は500号、300号が順に切り離されて入庫。
長い一日が終わりました。

***


片原町付近でマルヨして、翌朝も少しだけ琴電を撮影。
ちょうど踏切が鳴ったのでカメラを構えると、うどんの国!?と書かれた1300形がやって来ました。
つ、ついに…うどん県が独立を勝ち取り、国家に昇格したようです(笑)
※注:香川県を舞台にした漫画のタイトルです。
作中、琴電をはじめ香川ネタ満載らしいので、こんど読んでみようかと思いますw




次の長尾線は600形でした!
こんなの数年前だったらオマケ程度に撮るようなクルマでしたが、今では2両編成2本しかいませんからねー記録大事です(^-^;
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/917-88515c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)