> 私鉄屋雑記帳 うちなーのバス #3
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



うちなーのバス #3
#2の続きです。


ターミナルは閉鎖されていましたが、その周辺には仮の停留所が点在していて、四方八方からバスがやって来ます。

おや!?
あいつは初めて見る塗装だぞ…


って、え゛えー???行先表示がフルカラーLEDなんですけどwww

琉球バス交通のU-代ブルリで、元東武バスとのこと。
調べてみるとバス用のフルカラーLEDは、昨年末から製品化されていたのですね。
本土でも見掛けたことが無いですし、まだまだ試用段階ということなのでしょうけど、まぁよりによって、こんなボロに搭載しなくても(^-^;


モノレール沿いの大通りを歩いていると、またまた違う塗装のバスが。
こいつは、かつて琉球バス交通が運行していた米軍のスクールバス用車両です。
スクールバスは新車で揃えられていたので、2000年に撤退したとき一般路線へ転用されて老朽車を置き換えました。
塗装が米軍時代そのままで、ナンバープレートが正面向かって右寄りに付いていたり、車内には英語表記も残っているそうです。
チャンスがあれば、ゼヒ乗ってみたいですね。

でもって、その後ろに並んでいるクルマは…



スーパーワイドドア車じゃないですか!!

京急バス大森営業所のみに存在した伝説の特注車両です。
電車は遅くまで片開きだったクセに、バスでは唯一無二の両開き車両を導入していたという、グループ揃って個性的な京急さん。
1996年以降、一般的な4枚折戸タイプになってしまったので、本家では2008年に姿を消しています。
なお、こいつは郊外線なので、当然スーパーワイドドアは使われていませんwww
なんという宝の持ち腐れ!


系統番号のみですが、東陽バスにもフルカラーLED化されたクルマが居ました。
これまた、そこそこの経年車ですが…。


バスターミナルから数百メートル離れた場所に、仮設の駐機場がありました。


東陽バスの皆さん。
この丸目ライト、地方へ行ってもなかなか見かけなくなってきましたが、沖縄では当たり前のように居ますね。


で、このバス溜まりでも中扉を埋めたクルマを見付けてしまいましたw
こちらは窓の高さが揃っているので、牧志で見た個体よりかは多少スマート(?)です。


同じ敷地内に、沖縄バスや那覇バスも留置しています。
軍用地の広告に沖縄らしさを感じますねー(^-^;



また沖縄バスでは、ちゃんと中扉の部分にも座席を増設するのが基本仕様となっているようでw
上が元川崎市営、下が元横浜市営、どちらも神奈川出身なP-代エアロスターです。


バスターミナルのすぐ近くにある沖縄バスの那覇営業所。
ターミナル内で待機できなくなった分、こちらに押し込んでいる…のかどうかは分かりませんが、所狭しとバスが止まっていました。


でもって旧海軍司令部壕まで乗ったバスは、こちらの46番。
行きも帰りも偶然同じクルマで、元東武バスのU-代ブルリ、しかもなんと3扉車ですよ!

が、例によって前乗り前降りなので…



後ろ2枚のドアは締切なんですwww


車内は、こんな風にステップが塞がれているので、どんなに混雑していても物理的に開けることはできませんw
乗るときは、お客さんが降り終わるまで待つ。
のんびりとしていて、なんとも沖縄らしいではありませんか。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/915-b5179d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)