> 私鉄屋雑記帳 マニアックなヘッドマーク
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



マニアックなヘッドマーク

3月23日から1ヶ月間、東京メトロ8000系8010編成に、こんなヘッドマークが付いていました。
※撮るだけ撮っといて放置してました。まったく新鮮味の無いネタでスイマセン(^-^;



!?

これ一般の方どころか、テツでもライト層だと何のこっちゃという感じではないでしょうかw
三条も仮に質問されたとして、分かりやすく説明できる自信は無いです(笑)



しかも電機子チョッパ装置が付いている8210、8410、8810号の側面にのみ、シールを貼ってあるという徹底っぷり。


車内では、8000系が電機子チョッパについて詳しく解説してくれます。


排熱に悩まされていた東京メトロにとって画期的なシステムだったので、その記念すべき最後の1編成を華やかに送ってやりたい!ということなのでしょうね。
あの加減速する度に鳴る”ブーン”という音は、爆弾ドアとともにメトロ…というか営団独特のもので、これを聞くと東京の地下鉄だなぁーと感じる音でもありました。
ちなみに8010編成自体は「2015年7月、VVVF制御車として新たにお目にかかります!」とのこと。
まだまだ走る気満々のようです。


8010の後に現れた8009編成。
先頭の手摺り部分に、何やら黒い箱の様なものが取り付けられていたのですが、これは一体…!?
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/910-b74c4a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)