> 私鉄屋雑記帳 キメラ電車の卒業式 ~アンコール編~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



キメラ電車の卒業式 ~アンコール編~
こちらの続きです。
定期運用は午前中で終了してしまいましたが、午後にはアンコール号という臨時列車が彦根~米原間で1往復設定されていました。
彦根14時30分発、まだ時間もあるので、もう少し沿線をうろうろすることに。


まずは彦根のジャンクヤード…もとい近江鉄道ミュージアムから。
一時期を思えば、だいぶ整理されましたねw


所狭しと並べられた機関車たち。


新型コンビ、900形と100形。
900形は車端部がクロスシートに改造されているとのことで、乗ってみたかったのですが、残念ながらこの日はお休みでした。


800形のお面!?
まぁこのパーツがないと、”西武401系キット”から800形が作れないですからね(笑)


500形が福笑いみたいな姿に…(泣;;
近江鉄道が経営している保育園の遊び場として、余生を過ごしているそうです。


こちらは、役目を終えた220形たち。
全6両のうち、モハ224、モハ225の2両はラッピング車でした。
たまたま最後まで状態の良かったクルマが225だったのか、最後が標準塗装のライオンズカラーでないのは、ちょっと残念かな…なんて思ったのですが。
そんなラッピング車を上手く利用して、なんとホームでは、



お~いお茶を売ってましたwww

しかも当日限定の225号シール付きという抜かりない企画、さすが近江商人です。
釣りかけCDとセットで買ってしまいました(笑)


西武3000系を撮りに、再び高宮へ!
2014年12月16日と2015年2月10日の2回に分けて彦根入り、その後、高宮駅の東側にある留置線へ移動しました。
かつては、西武401系や貨車の廃車体が転がっていた場所です。



6連2本が綺麗に並んで留置されています。
国分寺線時代と同じ6両編成、しかも車番や西武のステッカーまでもそのままなので、何だか西武のどこかの駅に居るような気分ですね。


でも、確かにここは近江です!

この後はアンコール号を撮る為、鳥居本へ戻ったんですが、またまた彦根で15分停車…(^-^;
米原と彦根で律義にJRと接続させようとしているらしく、時刻表を見るとどの列車も軒並み10分~20分停していました。


まぁお陰さまで、出発準備中の220形を撮れたのですがw
3月14日以降は、日中に関しては待ち時間が10分以内になるよう改善されています。


佐和山トンネル付近の築堤で撮影。
臨時列車だからと言っても、特に装飾はありませんでした。



折り返しはトンネルの向こう側へ移動して、縦構図で。


彦根到着後「卒業証書授与式」が行われて入庫しました。


側窓には寄せ書きがたくさん!

今回のイベントは、220形の定期運用終了を「卒業」に見立てたもので、これが凄く上手い表現だなぁと感じました。
まだまだ機関車の代わりとして活躍する場が残されているから、定期運用を卒業しても、決して”さよなら”ではないんですよね。
キメラだ魔改造だと散々ネタにしてきましたが、思えば旅客列車から工臨、入換えまで、一台で何役もこなす彼はとても優秀で、ローレル賞…は難しいとしても、もし鉄道界にイグノーベル賞があったなら、きっと受賞していたことでしょうw
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/902-4c463e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)