> 私鉄屋雑記帳 中京地区の凸型ディーゼル機関車たち
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



中京地区の凸型ディーゼル機関車たち
こちらの続きです。


知多半島でマルヨして、翌朝は衣浦臨海鉄道のKE重連からスタート。
KE65形は総括制御が出来ない為、重連となる碧南線の下り列車では機関士が前後2人乗務しています。
銚電1000形の片割れが引退した今、日本で見られる最後の協調運転ではないでしょうか。
通過の直前に若干曇ってしまったのは残念でしたが、4年前のダイヤ乱れ+悪天候で撮影地へ到達できなかったことに比べれば、撮れただけでも充分です(^-^;


終点の碧南市駅。
ここで編成を組み替えて、折り返しは2本の列車に分かれて大府へ向かいます。


衣浦生え抜きのKE65-1号。
KE65形は4両在籍していますが、そのうち2、5号は国鉄から譲り受けた機関車だったりします。
もともとの自社発注車がDE10そっくりなので、そういえば煙突カバーの処理とか、手すりの形状が微妙に違うかなー、と写真を見比べて初めて気付くレベルの差しかありません。



構内の片隅にはタブレットキャッチャーが!
どうやら、かつて碧南線が権現崎という駅まで延びていた頃に、碧南市を通過する列車があったので、このキャッチャーを使用していたようです。
通過授受こそ廃止になってしまいましたが、衣浦では今もタブレットが使われています。


こんな広告も。
旅客輸送をやっていない衣浦さん、まずグッズを作っても知ってもらうのに一苦労…という感じが、ひしひし伝わってきますねw
ここなら碧南市駅を訪ねてきたテツが気付くので、なかなか上手い宣伝方法だなと思いました。


次は伊勢湾岸道でもってワープ、DD51の走る関西線の有名撮影地へ。
鉄道を使うと一旦名古屋駅を通ることになるので、遠い感じのする碧南→四日市への移動も、クルマだとあっという間です。
早速、コンテナを連ねた2087レが通過しました。


続いて、三岐鉄道からの継走列車5365レ。
黒タキで統一されていて美しいですね。
これでカマが国鉄色だったらなお良いのですが、愛知機関区に在籍する18両のうち、国鉄色は5両(稼働機は4両?)しか居ないそうです。


お待ちかねの重連79レ!
国鉄色が2両目なのは残念ですが、まぁ18両中5両ですから走っているだけでもヨシ、追っかけましょう。


79レは四日市で50分ほど停車したのち、173レと名を変えて塩浜へと南下します。
順光の良さげなストレートを見つけて待機、ここなら長いタキでも収まりそうだなぁ…なんて思っていたら、なんと、やって来たのは重単でした(汗;
この辺りは支線や専用線が複数分岐していて、川崎の塩浜と同じく運用も複雑なのですねぇ。


近くの陸橋へ上って、折り返しの72レ。
面潰れですが、なんとか国鉄色先頭をゲットできました。


ちなみに、右奥に写っている木造の上屋が素敵な駅は、近鉄の海山道(みやまど)駅です。
これまたド逆光ですが、編成写真も撮れます。

そういえば近鉄さん、遂に今月末をもって大手私鉄最後の釣り掛け車両が”書類上は”消えることになりますねw


〆は、四日市駅の側線(通称、四日市港線)に架かる末広橋梁へ。
日本で最後の鉄道可動橋として有名で、前から行ってみたいなぁと思っていた場所の一つでした。


ここを通過する列車は1日5往復。
近くの踏切小屋に貼ってあった時刻表には、最終便が17:06着、17:18発と書かれています。
というワケで小1時間ほど列車を待ってみると…17時ちょっと前、自転車に乗った係員が登場!
けたたましいブザー音と共に、可動橋が降り始めました!!
これが結構な迫力で、実際に動いている姿を目の当たりにすると感動しますよ。

…ところが、肝心の列車は待てど暮らせどやって来ません。
17:30くらいまで待ってみたものの、本当に日が暮れてしまい時間切れ。
後で調べたところ、朝と夕方の2便は臨時列車で、運転しない日もあるようです。
もう、橋を下げるから列車が来るもんだと期待しちゃったじゃないですか(笑)
夜間は常に降ろしておく決まりなのかもしれませんねー。

まぁまた来る口実が出来たと言うことで、近いうちリベンジしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

三条イツキさんこんにちは
四日市の専用線で土日でも動いているのはもう四日市港だけです寂しくなりましたね。

海山道の陸橋は三菱化学専用線の現役時代によく通いました。こちら↓

http://eurofima.way-nifty.com/aux_amis_des_trains/2010/03/post-4469.html

石油化学コンビナートは各社とも四日市は主力拠点ではない(鹿島、水島の方がメイン)なので、おのずとリストラ対象になりがちですね。
【2015/03/10 12:29】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]


社長さま、こんにちは!
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

跨線橋から見える雑草に埋まったレールの正体は、三菱化学の専用線でしたか!
四日市の臨港部は初訪問だったのですが(付近の私鉄が魅力的なので、つい後回しに…(^-^;)衰退気味とはいえ、まだまだ活気があるなと感じました。
また近いうちリベンジしたいところです。
【2015/03/12 11:53】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/900-1f8d346d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)