>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

さよなら赤電!
今日は京成3300形の引退を記念して、最後まで残っていた4連2本を繋いだ8両編成(!)の臨時特急「成田山号」が、上野→成田間で運転されました。


せっかくの8連なので広いところで撮りたい!というワケで、まずは宗吾参道からの送り込み回送を、本佐倉城跡に登って撮影することにしました。
回送の通過時刻がアバウトだったので、少し早めに到着したところ、その時点で先客は誰も居らず。
リバイバル赤電のときの教訓から、京成の臨時列車って「1発勝負で混む」イメージだったので、ちょっと拍子抜けしました。
まぁ、あの時は都内の撮影地だったからですかねー。
※以下俯瞰で撮った写真のみ、車両のディテールが分かるよう、拡大画像をいつもより少し大きめにしています。


この区間、昼間は8連の特急が20分ヘッドに来るだけですが、朝方なら色々な車両が現れます。


さすがにAE形が現れたときは、一瞬驚きましたがw
モーニングライナーとして本線経由でも走っているんですよね。


3500形未更新車!
ついつい鋼製車で古く見える3300形に目が行ってしまいがちですが、コイツも現存するのは4連4本のみ、残された時間はあと少しです。


安定の3600形。
ギザギザなコルゲートが時代を感じさせますが、これでも平成生まれの編成も居たりします。


そして3300形…が、来たときに限って裏被りというorz
幸い対向車が6連だったので、すっぽり後ろに隠すことができましたが、よくよく見るとシングルアームパンタが覗いています(汗;


連結部のアップは、思い描いていた通りに撮れたのでヨシとしましょう。
ここ最近は、ずっと4連で余生を過ごしてきた3300形、8連で走ったのは2007年の春以来なのだとか。
しかも最後まで残った2編成は台車の種類に違いがあり、上野方の3344編成がコイルばね車、一方の3304編成は空気ばね車で、これまで混結させることは滅多に無かったようです。
なので、わざわざ今日の為に試運転まで行われていたりしますw


後追いでもう一カット。
最終的に集まった同業者さんは僅か4人、ひたすら風が吹き抜けて寒かったですが、のんびりと見送ることができました。


撤収しようとすると3500形更新車がやって来ました。
先頭車が3両入った2+4編成、特徴あるサイドビューです。
まだまだ元気な更新車ですが、8連は3000形が増備された為、つい先日消滅しています。
組み替え自在なクルマなので、また車両不足が発生すれば、ひょっこりと復活するかもしれませんが、これで浅草線や京急線内で定期的に見掛けることは無くなってしまいました。



ちなみに本佐倉城跡への最寄は、京成の秘境駅として名高い大佐倉駅です(笑)
通過することはあっても、降りたのは今回が初めてでした。
コンパクトな駅舎と構内踏切、1両分にも満たない短い屋根、どことなく山陽電車の小駅を彷彿とさせますね。


本番は佐倉~うすいへ。
定員数名の狭い場所ですが、こちらも同業者さんは少なく終始まったり。
スタンバイしていると神出鬼没の都営車が現れました。


続いて3600形。


そして本チャン!
混雑の影響で10分ほど遅れていたようです。
成田方は大きな「特急成田山」のヘッドマークで、上野方は…



な、泣いてる。゜。゜(ノД`)゜。゜。


後続の特急で宗吾参道まで追っかけ、折り返しの”泣き顔”先頭をパチリw
やむを得ず駅撮りしましたが、こちらは沿線組み乗車組み入り乱れての大激パでした(汗;


入庫を見届けて〆
3050形から続いた「赤電」の系譜も、これで幕を閉じました…。
関連記事
スポンサーサイト

京成 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2015/02/28(土) 23:30 ]

<<赤電末期の頃 | ホーム | 夕暮の舞木劇場>>

コメント
おつかれさまでしたm(_ _)m
三条イツキ様こんばんは
京成成田山号イベントおつかれさまでした。
長閑な田園風景を走る3300形成田山号、とても魅力的ですね。中間の幌連結も京急1000形さよなら運転を髣髴させて良いですね。地下鉄直通車両はトンネル内で車両側部から脱出できないので前面貫通路設置が必須要件になるのですが、実は先頭から最後尾までの貫通路確保も要件なんですよね(通り抜けできないと脱出出来ることにならないので)。そういう意味で、幌連結は大手私鉄初の地下鉄直通用車両としてデビューした赤電を象徴する装備といえますね。きちんと記録されていて流石です。

最後になりますが、弊ブログにも成田山号アップしました。お暇なときにご笑覧ください。
URL | 社長 #NkOZRVVI | 2015/03/01(日) 21:08 [ 編集 ]

Re: おつかれさまでしたm(_ _)m
社長さま、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。

久々の8連ということで、回送はサイド気味に狙ってみたのですが、そう言われてみれば赤電らしい装備ですね。
同じく置き換えが進んでいるJR筑肥線の103系も、その要件を満たす為に3+3編成のクモハ側にのみ幌が設置されていて、通常の先頭車とは微妙に表情が異なっていたことを思い出しました。
URL | 三条イツキ #EVRdtjTk | 2015/03/02(月) 18:22 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/898-edaab827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ