> 私鉄屋雑記帳 社線内で115系を撮る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社線内で115系を撮る
昨年12月6日をもって定期運用から離脱した、八トタ所属の115系を使用した団体ツアー列車が3回に渡って設定されています。
1回目の今日は、豊田~河口湖間を一往復する「河口湖コース」が行われたので、最後にお気に入りだった富士急行線内で撮影してきました。



まずは、211化された富士急直通電車1453Mに乗車。
211系の河口湖表示、違和感ありまくりですw


三つ峠駅で下車。
定番のインカーブには同業者さんが集結していましたが、晴れると顔に日が当たらなくなるのでスルーして、その先の築堤でスタンバイしました。
ところが、段々と雲が湧き始めてしまい…



結果は薄曇りorz
せっかく順光ポイントを選んだのになぁ…


とは言え、続行のホリデー快速がドン曇りだったので、まだ運が良かった方だと思うことにします(-_-;


ちょんまげパンタを上げた6000系!


今朝の211系の折り返し。
ちょいちょい雲は途切れるんですが、何故か下りの河口湖行きが来るときだけ曇るというね…orz
先生ー!雲が僕に嫌がらせをしてきます(笑)


371系(!)の譲渡が決まり、いよいよ先が見えてきた2000系。


一方、再び371系と一緒に活躍することになった元RSEの8000系。
あさぎり号として共に活躍した善き親友が、今度は富士山の向こう側で同僚になるわけですから、まさに事実は小説よりも奇なりですねー。


富士登山電車の代走快速は、富士急リバイバルカラー!!
だったんですが、ここでも”下り列車は曇るの法則”を発動してしまいました。゜。゜(ノД`)゜。゜。
しかも背景は晴れているという最悪のパターン。
雪レフ効果で、それほど潰れなかったのは救いですが…。


気を取り直して、午後は田野倉へ移動。
大月行きの車内で、先に高速バスで河口湖入りしていた警笛さんと合流しました。


最後は”富士急行らしさ”を出す為に、あえてへろへろな木製架線柱が刺さる場所をチョイス。
三つ峠の付近では、去年まで木製だったものが次々とコンクリート製へ交換されていたので、ここももしや…と嫌な予感が過ったのですが、ご覧の通り無事に生き残っていました。


そして本チャン。
うーん、やっぱり木製架線柱と115系の組み合わせは堪りませんね!
ここのアングルは定期列車で走っていた頃に撮り損ねていたので、これで悔いなしです。


少し移動して、代走快速をもう一丁。
ようやっと太陽が本気を出して来ました。
…いまさらかよwww



〆は臙脂帯の5000系1000系で。
コイツ、朝からずっと大月の留置線で眠り続けていました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/888-a8e49064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。