> 私鉄屋雑記帳 さよなら豊田の山スカ
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



さよなら豊田の山スカ


湊線のキハ222が引退した12月6日は、偶然にも似たような塗装を纏った八トタ所属の115系が、運用を離脱した日でもありました。
※ちなみにキハ222のあれは厳密に言うとスカ色ではないです…(^-^;




昔ながらのスカ色を貫いてきた八トタの115系たち。
長らく中央東線の立川~小淵沢間で活躍してきましたが、なんと置き換え開始から僅か2日で、全て211系になってしまいました!!
今回は八トタの中電を長ナノへ移管するという事情があったにしても、毎度JR東の置き換えペースの速さには驚くばかりです。
まだ自分の目で確かめていないこともあって、あの辺りが211系だらけになったというのは、どうも実感が湧きません…。



八トタの115系といえば、特異だったのが同所で唯一の6両固定編成だったM40。
波動用として別メニューが組まれ、むさしの号やホリデー快速などで活躍していましたが、今年2月に中間車3両を廃車、残りの3両も7月に廃車となっています。
ホリデー快速鎌倉号で定期的に逗子まで入線していたので、あちらでは一般のお客さんに「昔の横須賀線」だと思われていたようですねwww




乗務員訓練で新宿へ顔を出したM40編成。
かつては新宿発着の中電も設定されていましたが、調べてみると1993年12月のダイヤ改正に消滅したようです。
当時は松本行きの夜行鈍行まであったとか!



富士急線内を行く山スカ。
1453Mとその折り返し4542Mで、毎朝1往復、河口湖まで乗り入れていました。
国鉄型電車が地方私鉄へ直通しているだけでも萌えますが、さらに沿線には木製の架線柱が残っていたり、上り4542Mでは大月で甲府から来た3連と併結して高尾へ向かったり!魅力がぎっしりと凝縮されたような運用でした。
山スカでなくなったのは残念ですが、211系になった今でも撮ってみたい運用の一つです。


八トタの115系で、忘れてはならないのが訓練車のW2編成
この、デカ目を無理やりシールドビームに改造しました、という感じのヘッドライトが堪りませんw
そして全国的にも絶滅危惧種類のR窓、首都圏ではコイツが最後だったのではないでしょうか。
そんな訓練車も、残念ながら前述のM40編成に組み込まれていた中間車3両と一緒に、既に廃車となっています。


なおスカ色の115系はC1編成(長ナノ)が居るので辛うじて残りましたが、あちらは運用範囲も広いですから、もう日常的に見掛けることは無いですね…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/880-6dd39665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)