> 私鉄屋雑記帳 長電8500系リバイバル編成を撮る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



長電8500系リバイバル編成を撮る
こちらの続きです。

クモヤ臨の復路を待つ間、長電へ寄り道してきました。
前回の記事に”北長野へ~”と書いた時点で、勘の良い読者の皆さんにはバレていたかもしれませんが(笑)


北長野駅から、長電の信濃吉田駅までは徒歩10分ほどの距離。
お互い交差している部分に駅は無く、東京で言うところの武蔵野台と白糸台のような位置関係ですが、ここの場合、一つ先の長野駅で乗り換えできてしまうので、普通に利用する分には徒歩連絡するメリットは殆どありません(^-^;


信濃吉田駅のすぐ東側にあるカーブで撮影。
すると、さっそく新塗装の「スノーモンキー」がやって来ました!
去年3月に訪ねた時は、旧塗装しか走っていなかったんですよねー。


続いて、1000系「ゆけむり」。
この辺りは複線区間で、ゆるやかな勾配、曲がりくねった線路、どことなく町田付近に似ているような気がします。



でた、T6www

コイツも1編成しか居なくてレアっちゃレアなのですが、今回のお目当てはタイトルの通り8500系のリバイバル編成です。
昨年10月に全検を出場したT1編成が、デビュー当時に近い姿になりました。

…え?
もともと赤帯を巻いていた8500系がリバイバル??

はい、実はT1編成…



前面が白ゴムになりました!!

ネタが地味過ぎて、テツの間でも全く話題になっていませんが、東急ファンにとっては一大事です。
細かい部分とは言え、これだけでもグッと昔っぽく見えませんか!



折り返しは信濃吉田~桐原のストレートで。
時刻表を辿ると、また信州中野から戻って来るようなので、駅前の東急ストアで涼みつつ(笑)、時間を見計らってさっきのカーブへ移動しました。


まずはスノーモンキー。
どう足掻いても、秀逸過ぎたオリジナル塗装を越えることはできませんが、この新塗装はなかなかイケてます。
というかJR残留組が悲惨なことに(ry


T6も戻って来ました。
見ていて気が付いたのですが、T6って長野方(デハ8516)だけタネ車が軽量タイプなんですね。
側板と屋根の継ぎ目に丸みがある分、表情にも若干違いが出ています。


そしてT1!
いやぁこれぞ昭和の東京急行、まさにいぶし銀ですなぁ~。
T6の続行ということもあって、余計に渋く見えます(笑)
そして撮り始めはイマイチだった光線も、2時間が経過してド順光申し分なし!!です。
あとは邪魔な某狩ゲーのマスクを外して、「すずかけ台」や「青山一丁目」幕を表示すれば完璧なのですが、残念ながら長野へ渡った8500系は全てLED化済み。
マスクは掲載期間が今月31日までなので、それを過ぎれば外れるとして、LEDは…

本家に倣って、きっと今後グレードアップするんですよね(チラッ

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/850-06037e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)