> 私鉄屋雑記帳 筒石駅に”入坑”する!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



筒石駅に”入坑”する!
クモユニの後は、友人の勧めで筒石へ行ってみることにしました。


トンネルの中にある筒石駅。
通過したことは何度もありましたが、降り立ったのは今回が初めて。
こんなプレハブみたいな外観だったんですね。
今回はクルマだったので良いですが、集落から離れた山の中にあるので、駅にたどり着くまでが軽く登山です。


しかも改札を抜けると、今度は長ーい下り階段が待ち受けています。
当然、エレベーターやエスカレーターはありません。
ローカル駅の主役といえば学生とお年寄りですが、これじゃあ、お年寄りは電車に乗るのも一苦労です。
ウィキペによると、主な利用者は学生と書かれています(ですよねーw)

集落から長い横抗を掘れば、ホームへ平坦なアプローチができそう…って、さすがに無茶か(^-^;


前方でが発生中!
そろそろラスボスでも出てくるんでしょうかwww




駅と言うよりも、秘密結社のアジトとか地下ダンジョンとか、そういう系。
天然のアトラクションと化しています。
今の時期は涼しくて良いですね。


やっとこさホーム階に到着ー!ばんざーい!!
ホームと待合室の間には、風圧対策用の頑丈な引戸で仕切られています。



ちょうど18:15発の富山行きが、数分遅れで到着したところでした。


続いて、反対側ホームに18:26発の直江津行きが到着。
一日50人程度しか利用しない小さな駅ですが、安全確保のため地下ホームと地上の駅舎それぞれに駅員さんが居ます。
コレクターの皆さんには、常備券の18きっぷを売っていることでも有名ですね。
問い合わせが多いのか、窓口には「18きっぷ完売しました」という貼り紙までありました(笑)


何気なく立ち寄った筒石駅ですが、思えばここも来年春から第3セクターの「えちごトキめき鉄道」になってしまうんですね。
長らく普通列車のヌシだった国鉄急行型たちも引退、しかもこの辺りでは3セク化と同時にディーゼルカーへ切り替えられる予定なので、電車ですらなくなってしまいます。
あの急行型特有のどっしりと落ち着いた走り、長いトンネル、そして消える室内灯…。
そんな北陸への通過儀礼も過去のものに。


何の変哲もないマルス券でも、JR発行なので後々貴重になるかも?
ちなみに入場券を買うと、記念の「入・入場証明書」というものが付いてきます。
”入坑”だなんて鉱山か!って感じですが、まあ確かに筒石駅では入坑の方がしっくりきますな。


これは翌日に撮った写真。
適当に直江津の街を歩いていたら、偶然「えちごトキめき鉄道」の本社を見つけました。
場所は駅から少し離れた、商店街の一角です。
とりあえず、急ごしらえで空きビルを借りましたという感じが何ともw

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/845-596d5ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)