> 私鉄屋雑記帳 併用軌道(!?)のある専用線
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



併用軌道(!?)のある専用線

こちらの続きです。
城端線沿線の某所とは、高岡駅から一つ目の二塚駅でした。
とても小さな駅ですが、貨物の取扱も行われていて、駅舎にはJR西…ではなく、大きな「JR貨物」のロゴが。
実は窓口で切符を売っている駅員さんも、JR貨物の方だったりしますw


駅の南側で、パルプ工場へ向かう専用線が分岐しています。
この専用線が今回の目的地です。


駅から線路沿いを歩くこと20分ほど。
朝イチの便は9時半頃にスイッチャーが出てくるそうですから、少し余裕を見て8時半頃に工場前でスタンバイしました。
すると、何度か工場の中から機関車のホイッスルが聞こえて来て…9時15分頃、そろりそろりと推進運転で登場~。


この専用線で最大の特徴と言えば、併用軌道風になっていること!!
そうそう、これを見たかったんですよー。
道路と軌道の境が曖昧な、かつての美濃町線を非電化にしたような感じで萌えますねw
併用軌道よりも道端軌道と言った方が、より正確かもしれません。

工場が立ち並ぶ無機質な場所ではなく、田園風景の中をガタゴトと走る専用線というのも、なかなか珍しいんじゃないかなと思います。


コキを二塚駅へ届けたら、すぐに帰って来ました。
JR貨物の到着まで1時間ほどあるからか、二塚駅ではなく一旦工場へ戻って待機するようです。


工場内へ姿を消した後、10時頃に同じ機関車が出て来て、工場から少し二塚駅寄りにある詰所の前で停車しました。


機関士さんも降りてしまいましたので、暫く動かない様子。
形式写真を撮ったり、観察したりするには好都合です。


DB251号 昭和40年 日本車輛製 
スイッチャーは他にも3台居るそうですが、基本的に二塚駅まで入線するのはコイツです。


10時20分頃、再び二塚駅へ向けて動き出しました。


途中の「二塚踏切」では、スイッチャーに添乗している係員が線路際のボタンを押して、信号を強制的に赤へ切り替えて渡ります。
ここは沿線で一番大きな道路なのですが、遮断機や警報機は無く、それでも当たり前のように道路を渡っているので、本当に路面電車みたいです。



15分後、コキを引き連れて帰って来ました。



この日のコキは12両編成。
かなりゆっくりと通過するので、局所的ですが”開かずの踏切”と化します。
しかも列車通過中は全方向が赤ですから、線路と平行であっても直進できないという、ドライバー泣かせな仕様ですwww


二塚駅へ戻るとDE10が発車を待っていました。
後ろのコキは、今朝スイッチャーが二塚まで持って行った分ですね。


二塚貨物は15時台にもう1往復あり、スイッチャーも午前中と同じ作業をもう1セット繰り返すそうですが、もう午前の便でお腹一杯!
それから他にも撮りたいものがあるので、高岡行きで撤収しました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

三条イツキ様おはようございます
二塚駅の専用線訪問記楽しく読ませていただきました。
高岡駅のレンタサイクルを利用すると、二塚駅まで10分、そこから工場前までプラス5分で行けますのでオススメです。駅前のほか、α1でも無料貸し出し有ります。
スイッチャーは計4台いて、うち3台が稼働しています。
【2015/04/16 08:24】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]

Re: タイトルなし
社長さま
こんばんは、いつもコメントありがとうございます!

なるほど、稼働していないスイッチャーが1台いたんですね。
この時は徒歩だったので端折ったのですが、裏の土手から工場内を観察できる様なので、
今度はレンタサイクルでもって訪問してみたいと思います(^-^)
【2015/04/21 00:51】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/834-a1a7c37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)