> 私鉄屋雑記帳 岡山ボロキハ三連発 #2 「柵原ふれあい鉱山公園」
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



岡山ボロキハ三連発 #2 「柵原ふれあい鉱山公園」
#1の続きです。


津山駅からバスに揺られること30分、吉ヶ原駅前というバス停で下車。
こんな小さな山奥の町に、他のどの鉄道とも繋がっていない、孤立したローカル線の駅があります。



改札の向こう側には、ガラガラとアイドリングしながら発車を待つ、戦前生まれの気動車が…!?
もう日本全国探しても出会えないと思っていた、夢のような光景が広がっていました。


そのローカル線の正体は「柵原ふれあい鉱山公園」にある保存鉄道
1991年に一度廃止された同和鉱業片上鉄道のうち、公園内にある約300mの区間で、毎月1回の展示運転が行われています。
日本では珍しい、ボランティアによる動態の保存鉄道です。


乗車するには切符…ではなく一日会員証を買います。
ただのお客さんではなくて、保存会の一日会員になって乗客役をするんですね。
なんだか”会員”と言われると、みんなで一緒に盛り上げている感じがして、ワクワクしませんか!

しかしGW真っ只中だったので、午後から”乗客役”が増えすぎてしまい、ラッシュ時が再現され始めてしまいました(笑)


というワケで、まずは撮りの方へまわりました。


本来は30分ヘッドなんですが、この日は多客で臨時増発が行われていたので、何度も撮れます。
公園の施設を上手いこと隠してやれば、まるで現役のローカル線のようです。


やっぱり鉄道は走ってこそ!


折り返し地点まで行ってみると、何やら作業が行われていて…


その先では、なんとを造っています!!
これは2015年春の開業を目指して建設中の、新美咲駅(仮称)です。
いくら車両が本物でも、行って帰って来るだけじゃあ、どうしても公園内の遊具という感じがしてしまうんですが、こうなれば立派な鉄道ですね。
新美咲駅は完成すると1面2線になるようで、柔軟な運用が組めそうです。


ちなみに、現在折り返している場所は「柵原」という臨時駅だそうで。
駅名板のやっつけ感www



観光用の保存鉄道でも、安全第一。
ちゃんとタブレット閉塞です。


踏切小屋もあります。
これは保存会の方の手造りだそうですよ!



工事に伴い、こんな軌陸両用トラックも出動~。
バラストを柵原口まで輸送していました。


お客さんが減って来たところで、いよいよお待ちかねの”乗り”です。



車内は床も壁も木製で、油の匂いが堪りません!
当たり前のように灰皿があるのも、時代を感じますね。


現役時代の路線図もあります。
なんだか本物のローカル線に乗っている気分ですが、片道300mなので、あっという間に折り返し地点へ着いてしまいます。
まだまだ乗りたい、油の匂いを嗅いでいたい(笑)ので、延伸開業が待ち遠しいです。



展示運転終了後、ヘッドマークの代わりに「鯉のぼり」が付きました。




今回走っていたキハ702号の他にも、元国鉄41000形のキハ303号、自社発注車のキハ312号、DD13-551号、客車3両、貨車2両が動態で保存されています。
どの車両が走るかは、その日の車両の気分次第とのこと。
例年、GWにはキハの併結や客レが運転されていたので期待していたのですが、今年は延伸工事の作業要員が必要だったため、キハ単行での運転となったようです。(ソースは公式ページの運転リポート)
またリベンジしたいですね。


帰り道で見掛けた、キハ311号の廃車体(バス車内から撮影)

帰りは公式ページの案内に従って、高下と新道穂崎でバスを乗り継いで岡山へ出ようとしたところ、高下から乗ったバスが途中で渋滞にはまって定刻より30分も遅刻!
予定していた岡山の表町バスターミナル行きはとっくに出た後で、次のバスまで1時間以上待つ羽目になってしまいました。
これが普通のバスなら仕方無いことですが、この高下からのバスは、2013年3月31日まで宇野バスが岡山へ直通で運行していたものを、採算が合わない便を新道穂崎で分断して、赤磐市広域路線バスが引き継いだという経緯があるので、ちょっと残念ですね。
いくらバスが好きな三条でも、こんなに時間がかかってしまうなら、次からはレンタカーを借りてしまおうか…と考えてしまいます。
前よりも乗り継ぎの手間が増えて、しかもちゃんと接続も取ってくれないんじゃあ、お客さんは減るばかりですよ。

というワケで、行楽シーズンに柵原へ行く場合は、津山を拠点にした方が無難です。

#3へ続く。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
新駅とは…
三条イツキ様
おはようございます
津山機関庫公開の記事が掲載されていたのでもしかしたらと思っていましたが、やはり片上鉄道にいらしていたのですね(^^)
それも新駅建設中とは驚きです。

私も四年前のゴールデンウイークに行きましたが、DD13客レと312だけで、写真のキハは登場しませんでした。また訪れてみたいものです。
バス乗り継ぎはなかなか難しいのですね。私は帰りも津山から津山線で岡山に出てのぞみで帰りました。
津山駅前のホテルに泊まったので、フロントに荷物を預けていたのも理由の一つでしたが(・・;)
【2014/05/21 05:33】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]

Re: 新駅とは…
こんばんは!
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

はい、その”もしかしたら”でした(笑)
普段は津山機関庫の公開日と、柵原の展示運転日が重ならないので…。
まだ記事にしていませんが、今年は3箇所目として某鉄道のイベントも掛け持ちできました。
まあ、その掛け持ちをするために岡山へ出ようとしたら、時間がかかってしまったワケですが(^-^;

新駅は、私も現地で知って驚きましたねぇ。
今回が初訪問だったのですが、これはリピーターになりそうです。
【2014/05/23 23:30】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/825-c061efc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)