> 私鉄屋雑記帳 上信7000形カラーリング完成
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



上信7000形カラーリング完成


「新車両カラーリング完成記念運行」
http://www.joshin-dentetsu.co.jp/tetudou/sonota/ohirome.html

去年12月3日のデビュー後、暫定的にクリーム1色の姿で走っていた上信電鉄7000形。
いよいよ塗装が完了し、明日3月17日にお披露目会が行われるとのことです。

というワケで少し前になりますが、ふらっと高崎へ出かけたときの写真をアップしたいと思います。


1日5往復の固定ダイヤで運転されていました。
この時はデビュー間もなかったので、PRを兼ねていたのかもしれませんが、今はどうなんでしょう?


古くから西武の中古車導入と並行して、優秀な自社発注車を輩出している上信電鉄。
7000形も約31年ぶりのオリジナル車両なのですが、このご時世に鋼製車体で、行先表示も幕だったりしますw
丁寧に造り込まれている印象で、まるでバブル期の新車の様な、いい意味で現代の新型車両には見えませんね!


しかし今回の塗装は、ラインカラーから富岡製糸工場のレンガ模様、上信の社紋など全部入り状態で、くどい感じになってしまっているのが残念です。
ベースのデザインが秀逸なんだから、カラーリング案を公募とか、やめときゃいいのに…。
東武のセイジクリームみたいと言うと、悪い例えに聞こえるかもしれませんが、コイツにはシンプルな方が似合うと思います。


高崎のヌシと新入り。
荒れ放題だった100形は、いつの間にか塗り直しされて紫帯が入りました。


倉庫代用の100形よりも色褪せてるぞ、デハ205…。


一応、予備車だと言われているデハ203も、ご覧の有様orz


辛うじて元気な姿を見せたデハ204+クハ304コンビ。
7000形が増えた分、”タラコ組み”も予断を許さない状況です。



ラッピング車ネタをもう一つ。
長らく雛人形の広告を纏っていたデハ251が、今年の雛祭りを迎える前に、クリーム地+緑色のストライプが入った標準塗装になったようです。
相方のクハ303はそのままなので編成単位で見るとアンバランスですが、ラッピングまみれな上信で、これは嬉しいニュースですね。


ところで以前デキ復活のときに、烏川に架かる木製の「佐野橋」から撮影しました。
今回も、そこから撮ろうと思ったら、




なんと橋が消えていました!?

去年9月16日の台風で流されてしまったそうです。
佐野橋は”流れ橋”と言って、橋桁が固定されていない、増水したら流される構造になっているので、流されて当然というものなのですが、それでも久しぶりに訪ねたら橋脚だけになっていて焦りました(^-^;
youtubeに橋が流される貴重な瞬間もアップされています。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/809-10f320ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2016/11/14 18:54】

-

管理人の承認後に表示されます 【2016/11/28 06:00】

-

管理人の承認後に表示されます 【2017/05/08 07:59】