> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2014 #4 ~アヒル臨~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2014 #4 ~アヒル臨~
#3の続きです。

世界の港を旅する”ラバーダック”が基隆港へやって来るのに合わせて、なんと英国婆ことEMU100形が奇跡の復活を遂げ、2013年12月21日~2014年2月8日の週末を中心に臨時列車として走りました!!
今回、春節明け初日というタイミングで台湾入りしたのも、この「アヒル臨」が最大のお目当てだったからです(春節期間中にも設定がありましたが、航空券も宿も取り辛いですからね)


アヒル臨は、以下のダイヤで運転されました。

自強号 5166次 樹林8:42発→基隆9:52着
自強号 5167次 基隆11:53発→樹林12:57着
自強号 5170次 樹林13:20発→基隆14:20着

まずは朝イチの基隆行き5166次に乗るべく、樹林へ。
英国婆の復活は、現地の鉄路迷さんの間でも話題になっていたようで、ホーム端は激パ…かと思いきや、超のんびりまったりwww
期間中、毎週末のように運転日が設定されていたので、飽きられてしまったのでしょうか。




時を越えて、新旧の自強号が共演!

英国婆が最後に走ったのは、2011年3月の建国100周年記念列車でした。
その後、約3年間は車庫の片隅で野晒しにされていただけに、まさか甦って本線へ舞い戻り、絶対あり得ない組み合わせになるハズだった普悠瑪号と並ぶとは…これは夢なんじゃないかと!
前回、記念列車へ向けた試運転に遭遇したのが最初で最後、もう二度と乗ることはできないだろうと思っていましたよ!!


右から左に書かれた、レトロな種別幕…ではなくサボ
これ、今まで幕だと勘違いしていたんですが、実は外側からカバーを外して交換する、ただの板だったりします。


そして何故か、行先は貼り紙で対応。
「基隆」は行き止まりの終点、「樹林」折り返しも多数設定されているので、在庫が無いとは思えないんですが…。
どうせサボなんだから、サイズを合わせて、表示機の裏から貼れば見てくれも良くなるのにw


いかにも英国な外見に対して、車内は日本の一昔前の特急型という感じ。
3年間のブランクがあったとは思えないほど、良く整備されています。


広告も一昔前の日立!?
…ではなく、ばりばり今のヤツなんですが、何だか古風なデザインなので、EMU100に合わせた復刻版かと思いましたw
フォントのせいか、台湾は広告もどこかレトロっぽく見えます。

それにしてもテツも少なければ、一般のお客さんも少なくて、気兼ねなくEMU100を楽しめるのは良いのですが、ちょっと寂しい気もしますね。
まぁ例によってモーター車は多少乗車率が高いんですが(笑)
車内の写真はトレーラー車のもので、あえて人が写らないように撮ったワケではないんですよ。
このあと、板橋や台北など大きな駅で少しずつ増えたものの、たまたま乗り合わせた風で、とても今からラバーダックを見に行くという客層ではありませんでした。


1時間ほど掛けて基隆に到着しました。
臨時列車なので、自強号扱いのクセに中央線のホリデー快速みたいなノロノロ運転で、所要時間は区間車と大して変わらないんじゃないかと思います。

基隆駅は、5年前に来た時とホームの配置が変更されていて、短編成用の切り欠きホームが出来た代わりに機回し線が無くなってしまいました。
もう八堵から先へ客レは入線させないということなのでしょう。
折り返し5167次は2時間後、長編成が停まれるホームも1線しかないので、そそくさと回送で去って行きました。


後続の区間車で追っかけると、七堵で追い付きました。
ちょうど隣のホームに入線して来たのは、同じく英国系吊り掛け電車仲間のEMU400です。


一旦、七堵車庫へ入庫しました。

さて、せっかくなのでホームから車庫を観察してみましょう。
相変わらず、たくさんの客車が留置してありますが…
おや?何やら1両だけ、妙にカラフルな客車が停まっていますよ??



!?



痛車wwwww

コイツ、観光列車用として27年ぶりに復活した食堂車(餐車)なんですが、台鉄さん何を血迷ったか、日本風の”萌キャラ”をラッピングしてしまいました。
国内では、こんなのとか、こんなのとか例を挙げ始めたらキリが無いほどで、何も今さら驚くようなことでは無いのですが、台鉄は中華民国交通部が運営する、純粋な国鉄です。
というか、それ以前に台湾は外国ですwww
ここまで日本カラーに染まりまくった国を見てしまうと、日本人としては嬉しいやら、申し訳ないやら、ちょっと複雑な気持ちにさせられますね(^-^;

ちなみに萌え食堂車は2両あり、今回見かけた青系ベースの他に、オレンジ系ベースのクルマも居ます。


英国婆が、30分もしないうちに再出庫してきました。
今朝の移動中に撮影地の目星を付けておいたので、さくっと撮影を済ませたら、先行の区間車でもって移動します。

#5に続く。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/805-584b423c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)