> 私鉄屋雑記帳 3扉バス最後の楽園!?
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



3扉バス最後の楽園!?

全国的に減りつつある3扉バス。
都内で最後の1台と言われていた関東バスの定期運行は、去年11月をもって不定期に格下げ、ますます見掛ける機会が減ってしまいましたが、”ある場所”では今も3扉が大活躍していたりします。
それは…



空港のランプバスです。

そりゃあ一度に大勢の人を、どっと乗せてどっと降ろさなければならないですから、3扉車にとって空港は天職ですよw
しかも外界から隔離されているので、公道ではまずお目に掛れないような車体幅が異様に広いものから、かなり年式の古いものまで多種多様!
先週は、香草航空(笑)でもって台湾へ行って来たんですが、成田2ビルのランプバスを使ったところ、こんなクルマに当たりました。



関東バスのB3008号車と同世代の7E!
見た目も中身も普通の路線バスっぽい感じで、なんと降車ボタンまで付いています。
どこかの中古か!?と思い、帰ってググってみたところ、どうやら西武バスの中古車だったようです。
譲渡車のなかには、前の塗装のまま走らせている空港もあるようで…とても奥が深~いランプバスの世界。場所が場所だけに、なかなか気軽に乗れるものではないですが、成田発のLCCを利用すれば必ずランプバスのお世話になりますから、最近は多少(金銭面でも)難易度が下がって来たと言えるでしょう。
またどこかへ遠征するときには、ランプバス目当てでLCCを使ってみたいと思いますwww



空港の乗り物ネタからもう一つ。
去年9月26日に廃止された「黄色いシャトル」ですが、軌道の撤去が進められていました。
跡地にはテナントが入るそうで、空港内の小さな廃線跡が完全に消えてしまうのも時間の問題でしょう。
ちなみに4両あった車両のうち2両は、空港近くの観光施設「風和里しばやま」で保存されることになったそうです。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/798-ee8fd5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)