> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2014 #1 ~新城駅で途中下車してみる~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2014 #1 ~新城駅で途中下車してみる~

新城と言っても”しんじょう”ではなく”しんしろ”でもない、台湾は花蓮県の”しんちぇん”ですw
というワケで、今回は台北を拠点に台湾北部をうろうろしてきましたので、まずは初日に訪ねた台鉄の東部幹線方面からアップしたいと思います。



別に、このネタをやりたいが為に、わざわざ新城で途中下車したワケではありません(笑)
もちろん自宅近くの駅と同名で愛着が湧いた、ということもありますが、残り少なくなった水色の客レ復興号を撮影する為だったりします。
台北から朝の自強号272次で東部幹線を南へ進むと、新城の先で羅東行き復興号681次とすれ違うので、この辺りで降りて待ち構えれば、時間のロスが少ないのです。


それと貨物ヤードがあることも決め手になりました。
早速、日本の古いセメントホキにそっくりな水泥斗車を連ねたE300形が待機していましたよ!


これは私有貨車で、社名は「亜洲水泥公司」と右から書かれています(水泥=セメントのこと)

入換えが行われるかも…と思い、ホームのベンチから観察していると、反対のホームに居た駅員さんから、切符を見せろ!と声を掛けられました。
台湾の小さな駅では列車別改札が行われていて、暫く通過ばかりなのにホームに残っていたのを不審に思われたようで、何の列車の切符を持っているのか確認したかった様子。
でも三条の持っている切符は、列車の指定がない「TR-PASS」というフリー切符です。
写真を撮りたいと頼むと断られはしませんでしたが、安全上あまり構内に居て欲しくない風だったので、ここは空気を読んで一旦ラッチ外へ出ることにしました。


こちらが駅舎。
台湾随一の景勝地「太魯閣(タロコ)」の最寄り駅で副称にもなっている割には、思っていたよりもショボくて拍子抜けしました。


が、現在新しい駅舎を絶賛建設中で、完成するとこんなモダンな駅になるようです。

さて、これからどうしようかとグーグルマップで駅周辺を探索すると、どうやら駅の500メートルほど北側に線路をオーバークロスする道があるらしいので、行ってみることにしました。
すると…



おおおおお…!?

ななななんと、単機の凸型スイッチャーと石碴車(バラストホキ)+守車(車掌車)付きの貨物が同時に現れました!
こ、これはアツい!!



一旦ヤードの方に進んで、暫くするとセメントホキを連れて再登場。
スイッチャーの正面には、セメントホキとお揃いのロゴマークが入っていますね。
新城駅の西側(写真右手奥)に、亜州水泥公司のセメント工場へ伸びる専用線があるようなので、そこへ連れて帰るのでしょう。
ちょうど陸橋の真下あたりでスイッチバック、一番右側の線路へ転線すると、推進運転で奥へと消えて行きました。


スイッチャーが視界から消えたのとほぼ同時に、今度は復興号683次がやって来ました。
この朝方に続行で走る2本と、その折り返し2本(682、686次)の計4本の復興号は少し特殊な列車で、時刻表に”団体列車”と書かれています。
これは立席(無座)では乗車できないというだけで、指定券さえ買えば個人でも乗れるようです。


おや!?最後尾には、何やらキョ光カラーの客車?のような貨車??のような、ヘンテコな車両が1両だけぶら下がっていますが…これは台湾版カートレインです!
今でも東部幹線の沿線は道路事情が悪く、こうして自家用車も鉄道で運んでしまいます。
それにしてもコイツ、規則的に窓が埋まっていて、けったいな造りをしていますが、


それはタネ車が印度仔(インド製の旧客)だからですwww
※この写真は2011年3月4日、台東で撮影


道路を渡って反対側からも撮影出来ます。
貨物&客車フィーバーも落ち着き、スマートな電車特急の太魯閣号が通過したかと思いきや…



またもや怪しげなのが現れたりしますwww

次位のR100形は無動力回送でしょうかね。
配6794レでこんなのが来たら狂喜乱舞ですが、台鉄ではこれが日常なんですよ!


続いて普悠瑪(プユマ)号が颯爽と通過!
コイツは客車キラーなので敵視していましたが、こうして実車を見てしまうとカッコイイだけに困ります(笑)
名古屋港への甲種、一度は撮りに行けば良かったかな…なんて、いまさら後悔してみたり(^-^;

そろそろ区間快車がやってくる時間なので、撤収して新城駅へ。
ホームに入って待っていると…


今度はE100+守車が通過!!
慌てて鞄からカメラを取り出しましたが、後ろ姿しか撮れませんでした…orz
台鉄では、接近放送や接近灯のようなものは見当たらないので、定期列車を撮影していても、遅延すると結構やきもきしますね。

遅延と言えば、乗る予定の区間快車がなかなかやって来ない…と思って発車案内を見ると、さっきまで「準点(定刻)」だったのが、いつの間にか「晩点15分(15分遅れ)」の表示になっていました(汗;
この区間快車に乗って、次の駅の花蓮でDC自強号に乗り換えるつもりなのですが…ま、まあ同じ路線を走っているし、後続の自強も同じくらい遅れてるよね♪
…なんて楽観視していたら、なんとDC自強は無情にも定刻通りに通過!マジかよおおおおお!!!

さぁ、果たして三条は無事DC自強号に乗ることが出来るのか!?

#2に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは
ここはゴールデンウイークに訪問しようと計画中でして、往復航空券だけは予約しました。参考にさせていただきます
【2014/02/19 16:05】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]


おはようございます、
コメントありがとうございます!

今回訪ねたのは新城のみでしたが、東部幹線では至るところから貨物ヤードや専用線が枝分かれしていて、本当に興味が尽きません。
レポート楽しみにしています。
【2014/02/22 08:42】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/797-5a8c661f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)