> 私鉄屋雑記帳 阪急新1000系デビュー!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



阪急新1000系デビュー!
去年11月28日より神戸線でデビューした阪急1000系。
12月25日には、地元の宝塚線にも走り始めた!というワケで、さくっと撮影してきましたよ。


阪急電車は年齢不詳(笑)なので他社ほど悪目立ちしないものの、本線でもしれっと車齢50年近いクルマが走っていて、置き換えは急務!
1000系は9000系の廉価版という感じで、なるべくコストを下げて大量生産しようと、9000系に比べて屋上機器の覆いが無くなったり、窓が小さくなったりしています。
前面も、幌枠の銀色が無くなって「のっぺり」してしまい違和感が…。
これは昭和29年の旧1000形以来だそうですから原点回帰なんですが、三条にとっては能勢電1000系くらいでしか記憶に残っていない時代の車両ですから、見慣れないのは無理もありませんね。

それでも、他社の新型車両に比べたら充分過ぎるほど豪華なのは、さすが阪急さんです。
9000系ではゴテゴテしてた感もあったので、逆に好印象になった気もします。



前後で違う色のヘッドマークが付いています。

神戸線、宝塚線それぞれ1編成のみ…と言っても、年末年始5日間も大阪に居ればいつかは撮れるだろうとタカを括っていたら、どうやら三が日は車庫で休んでいたらしく、今年4日目にしてやっと動いてくれました(^-^;
デビュー早々寝正月とは、なかなかのんびりとした新人君です。


”試乗”してみました。
ポスターの『「静かさ」と「省エネルギー」を追及』というキャッチフレーズのとおり、今までに聞いたことのないような、とても美しいモーター音を奏でます。


でもって車内を見渡して特に目立つのが大型モニター!
こんなサイズ、他所ではまず見たことがありません。

ところで写真は、急行梅田行きの川西能勢口駅到着時…ですが、なんと1000系、我らが能勢電にも乗り入れできるようで!?youtubeに、こんな動画を見つけてテンション上がってますwww
「2本アンテナ」ではないので、てっきり非対応か準備工事くらい…かと思いきや、既に日生中央へ入線していたとは。
そういえば1本アンテナな9000系も、試運転していないだけで乗り入れには対応しているそうですから、見た目だけでは判断できませんね。


ついでに「初詣」ヘッドマークも撮影しました。


今年は「西山天王山駅開業」マークと、


「宝塚歌劇100周年」マークもあって賑やかですね。
あ、それと恒例の「七福神」マークもありましたが、毎年同じ柄なのでスルーwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/789-0f93872a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)