> 私鉄屋雑記帳 大鉄の元京阪3000系まもなく引退
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



大鉄の元京阪3000系まもなく引退


「京阪3000系引退ツアー」
大井川鐵道で長らくの間運転されてきた元京阪特急3000系が、いよいよ運転終了を迎えます。
http://www.oigawa-railway.co.jp/pdf/20140209sayonara_keihan.pdf

いつもお世話になっている某サイトさんの記事で気が付きました。
ツアーは1月18、26日、2月8、9日の計4日間設定されていますが、一瞬で完売したそうですorz



2012年9月、千頭方のみ復活した鳩マークは死亡フラグでしたか…。
もともと大鉄の3000系はオリジナル塗装を貫いていたものの、ライバル(?)の富山地鉄にはダブルデッカーまで渡ってしまって、鳩マークを復活させてもイマイチ地味な感じが拭えませんでした。
当日は「テレビカー」の文字も復活させるそうですが、これもやっぱり地鉄のせいで二番煎じ感がwww

ツアー4日+団臨1日と運転日は豊富で、行こうと思えば行けるだけに、すごく悩みますね。


そんな大鉄の3000系ですが、当初は目隠しされていた”特急”の文字がいつの間にか解禁になり、普通でも特急気分が味わえるのが魅力でした(これ、誤乗防止の観点から大丈夫なのかと心配にはなりますが(^-^;)


初めて大鉄を訪れた2002年8月、最初に乗ったのは3000系の今は亡き電車急行でした。
当時は吊り掛け非冷房の元西武や近鉄車も残っていたので、まだまだコイツは新しく見え…ると思ったらプロフィールを調べてビックリ!
大鉄では唯一の1970年代生まれで、実は今でも一番新しい電車だったのですwww
しかし足回りは営団5000系のものだったり、1編成2両のみだったりで、どちらかと言えば扱い辛い子だったのかもしれません。

それにしても後継車の話は聞こえて来ないのが、何とも寂しい限りです。
今のダイヤでは5編成(16000系3本+21001系2本)もあれば充分賄えてしまうほど、普通電車が減ってしまったんですね…。


車内は自販機を積んでいるのが特徴でした(笑)


そして、だいぶ疲れが見え隠れ…。
と言っても、同じ日に乗った16000系も窓から漏水(固定窓なのに!)していて水浸しになっていましたし、3000系に限ったことではないようですが(汗;
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/786-4cba9193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)