> 私鉄屋雑記帳 阪堺電車、初詣ラッシュを撮る #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



阪堺電車、初詣ラッシュを撮る #1
今年は住吉大社にも行ってきました。
こちらは、がっつり鉄目的ですw

大阪で初詣なら”すみよっさん”というほど有名な住吉大社。
毎年、正月三が日には200万人以上の参拝客が祈願に訪れるので、鳥居のすぐ目の前を走る阪堺電車にとっても、まさに書き入れ時です。
昭和ヒト桁生まれのモ161形が総動員なのはもちろん、1日、2日は貸切用のモ161号や、運休中だった1001形「堺トラム」も運用に入ったらしく!?
これはもう行くっきゃありません!



御堂筋線から動物園前乗り換えで南霞町に到着。
早速、モ165号都電塗装のモ502号がやって来ました。

正月三が日は阪堺電車全線で大増発されていますが、もともと本数の少ない恵美須町口は臨時ダイヤでも9分間隔だったりするので、運用を把握する為にも聖地住吉へ!


塚西電停付近で「車両通行禁止」の表示が現れました。
いよいよです。



うぉぉぉすっげぇぇぇぇえええ!!

人人人々々!!!
人で埋め尽くされて安全島が見えませんwww


電車が数珠つなぎになるのも当たり前。
車道は歩行者天国になっていて、まるでトランジットモールですね(笑)


住吉鳥居前電停では仮設の安全島を用意して、乗降分離が行われていました。
カラーコーンの内側がラッチ内ですw



一方すぐ隣の住吉電停は、住吉公園行き以外の全ての下り電車が通過扱いになっていて、1番のりばが閉鎖されていました。
もともと両電停間は距離が短いので、下手に二ヶ所で乗り降りさせるよりか、鳥居前へ集約してしまった方が効率的なのでしょう。




阪堺電車のハイライトと言えば、この平面クロス。
阪堺線9分間隔に、上町線3分間隔が交わり、四方からガタゴトガタゴト!次々と電車が通過して行きますよ。


モ166号とモ168号「雲電車」同士が並びました!


この塗装、もともとはオムロンの車体広告だったそうです。
昭和40年代の広告ですが、契約期限が切れたあとも文字を消しただけで走らせていたのが、いつの間にか阪堺電車の標準カラーに。
塗装に関しては昔からいい加減大らかだったのですね(笑)

青、黄、緑、橙の4種類あって一時期は全て消滅していましたが、最近になってまた復活したり消えたりしています。


おや!?モ605号の後ろは…



堺トラム!

去年8月にデビューするも、11月に自動車と接触事故を起こして運休してしまっていたのですが、どうにか正月三が日に間に合わせた!という感じですね。
この日は浜寺駅前~住吉間、住吉では3番のりばの奥にある渡り線を使って折り返す、と言う超イレギュラー運用に入っていました。


モ602号とモ352号。
都電色から赤帯を引っ剥がしたようなデザインですが、これも側面には広告が入っています。


モ166号、緑雲が戻って来ました。


2010年10月に”幻の試験塗装”が2週間だけ復活、一部を熱狂させたビークル・スター(笑)
今は、幻の塗装から前面のV字ラインを消した姿になっていました。

そういえば復活したとき撮影に行ったんですが、当時の記事を見返してみたら、京阪のことばかり書いていてアップしていなかったという…(^-^;
いずれ載せますね(と言ってまた忘れるパターン)


都電塗装も戻って来ました。
さて住吉へ来て約2時間が経過、運用は一周したハズですが”ヤツ”がまだ現れていません。
というワケで、我孫子道の車庫を覗いてみることにしました。


住吉では臨時の切符売り場があったりします。
普段は運賃箱にお金を入れるだけの阪堺電車、果たしてどんな切符が出てくるのか…!?


はぃ、こんな回数券のバラ(?)のようなものを渡されました。
これを見て気が付いたんですが、いつの間にか200円均一になりましたね。
以前は大和川を越えたり、乗り換えたりすると運賃が変わりました。

#2へ>>>
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/785-b68c2a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)