> 私鉄屋雑記帳 銚電、ついに大幅減便…
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



銚電、ついに大幅減便…
本日、銚子電鉄でダイヤ改正が行われました。


しかし、その内容は…。
日中を中心に間引きしまくり、一日の運行本数を33往復からバッサリと21往復に減らすというもので、これほどお客さんの視点から”改正”という単語に違和感を受けるダイヤ改正もないですね…orz
駅貼のポスターには「運行計画を見直し、ダイヤの変更を…」と、だいぶオブラートに包んだ表現になっていますよ。



今回の超減量ダイヤ、震災に伴い観光客が減ってしまったことももちろんですが、それ以前に稼働できる車両が足りないことが原因なのだそうです。
2006年に「修理代を稼がなくちゃ…」と叫んでいたとき、銚電には1000形2両、800形1両、700形2両、合計5本の稼働車が居ました(300形は今で言う800形ポジションなので除外w)
ところが、それから7年が過ぎた今では、2000形が2両編成なので車両数こそ増えたものの、編成で数えてみると4本しかなく、それでいて大幅な減便は行われていなかったので、そりゃあ足りなくなるワケです!
さらに今は銀座線色の1001号が検査中につき実質の稼働車は3本、これでローテーションを組むと全く予備がありませんから、朝ラッシュの終りに片方を入庫させ1運用とすることで、車両のやり繰りに余裕を持たせたいのでしょう。
むしろ701、801が引退した2010年から今日まで、よくぞダイヤを維持できていたな、と思います。





そして1運用になったと言うことは、笠上黒生での列車交換が、今日から朝ラッシュ時を除き見られなくなりました。
三条的に銚子はギリギリ日帰り圏内で、これまで泊まりがけで撮影したことはないのですが(初日の出フィーバーは徹夜なので1泊に非ずw)これからはマルヨして朝から撮らないと効率が悪いですね…。


ところで。
上の写真に写っている2001編成ですが、何か違和感がありませんか?


おや?2001号の屋根上に、銚子では見たこともない異次元の部品が天高くびょ~んと…

パンタグラフがシングルアームに!!!

はい。
先月20日に発生した架線トラブルにより今までの菱形パンタを破損、予備のシングルアームパンタに交換して、3日後に復帰したそうです。
あの仲ノ町車庫に、予備としてシングルアームパンタが眠っていたこと自体びっくりなのですが、これで晴れて銚電もシングルアームデビューを果たしました。


へろへろの架線に、近代的なシングルアームパンタの似合わなさは異常(笑)



こちらがビフォーです。
まぁ当たり前ですが、こっちのがしっくりきますね。

果たしてシングルアーム化は一時的なものなのか、今後の動きに要注目です。



そして、もうひとつ車両ネタ。
若干鮮度落ちになりますが、9月20日より銚子電鉄開業90周年を記念して…何と!あの醤油ツートンが復活しました!!


但し、2002側の先頭部分だけですがwww
これ、単に余っていたペンキを使っただけでは…とか、どこかで見たことのある塗り分けだ…とか、ツッコミどころ満載なのですが、それよりも何よりも、まさか銚電にとって黒歴史な(?)この塗装を2000形でリバイバルしてしまうとは、夢にも思いませんでしたよ。
とても似合っているので、ゼヒ1両丸ごと醤油色な2000形も見てみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/771-117bae18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)