> 私鉄屋雑記帳 成田空港2ビルのシャトル廃止に
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



成田空港2ビルのシャトル廃止に
久しぶりの更新です。
先週はサンフランシスコの辺りをうろうろして来たのですが、まずは空港絡みの旬なネタを先にアップしたいと思います。



成田空港:「シャトル」引退 運行20年、2億人運ぶ
http://mainichi.jp/select/news/20130921k0000e040205000c.html

成田空港の第2旅客ターミナルビルの本館とサテライトを結んでいた「黄色いシャトル」が、並行して建設された動く歩道へ役目を譲って9月26日に引退しました。
年々利用者が増えてキャパシティが足りなくなっていたことや、開業から今年で20年が経過して、そろそろリニューアルする時期に来ていたのでしょう。


このシャトル、イミグレを通過したあとに乗るものなので、日本国内にありながら出国しないと乗れない鉄道でした。

…あ、正式には鉄道ですら無く「水平移動するエレベーター」という扱いだったようですね(^-^;
エレベーターだからワイヤーで車両…じゃなかったカゴを引っ張っていて、足回りからは空気を噴出することで摩擦を減らしながら移動する、世界的にも珍しい構造をしていたそうですが、三条は”星組ユーザー”なので2ビルを利用する機会が殆ど無く、このシャトルを利用したのも今までに数えるほどしかありませんでした。
車内や乗り場の写真とか、乗り心地はどうだったかとか…記録も記憶も無いのが残念です。

ちなみに、上2枚の写真は去年エアアジアで北海道へ行く前に、展望デッキから暇つぶしで撮ったもの。

***


せっかくなので、他の空港にあるシャトルも紹介しちゃいます。
国内では関空にも似たようなシャトルが走っているのですが、そちらには乗ったことが無い…というか関空を利用したことすら無いので(キタの人間にとって、大阪の空港と言えば伊丹しかありませんよ!(笑))、まずは海外へ飛んでサンフランシスコ国際空港の「AirTrain」と呼ばれるシャトルから。


「Air Train」はゴムタイヤ式の新交通システムで、日本では山万や今は亡き桃花台で採用されていた軌道の中心に案内軌条があるタイプです。
ボンバルディア製の小型車両が2~3両編成で走っているのですが、ここのスゴイところは、この車両がなんと38両も在籍していること!


各ターミナルの間を時計回りで環状運転しているレッドラインと、駐車場まで行くラケット形に運転しているブルーラインの2路線あり、とにかく空港内の乗り物としては距離が長いんですね。
その総延長は10kmもあるそうな…(ソースはウィキペ。区間が重複しているのを無視して赤線+青線を単純に合算してるっぽいので、若干ズルいですがw)
ブルーラインのWest Fiald Road駅なんかはホントに空港内なのか!?と思うような位置にあったりします。


Rental Car Center駅に停車中のブルーライン、ターミナル循環→Rental Car Center行き。
車両は赤青共通で運用されていて、車体の色はどちらも青系です。


殆ど立席スペースな車内。
制限エリア外を走っているので、例え空港を利用しなくても無料で乗ることが出来ますから、興味のある方はゼヒ乗り回してみてください(笑)


こちらはシアトル・タコマ(シータック)国際空港の「Satellite Transit System」
メインターミナルと離れ島になっている各ゲートを結ぶ環状線が南北に2つと、それらを結ぶ連絡線の合計3路線あり、上から見ると”眼鏡”のような形をしています。
開業は1969年(!)と古く、日本ではまだまだ新交通システムが普及していなかった時代から走っていたことになります(乗ってて古いなぁ…とは思っていましたが、まさか40年モノだったとは(^-^;)
2003年に初代の車両が置き換えられ、同時に乗り場のリニューアルも行われたのですが、それ以前はホームドアにガラスが無く、オマケに全線地下なので京都市営地下鉄の50系以上に車両の撮影が困難でした。
旧型車両には側窓も無く、どうせ外から見られないから…と車体はグレー一色だったそうです。


LEDには日本語がwww
さすが日本から一番近いアメリカ本土ですね。


最後は、台湾の桃園国際空港にある「Sky Train」
第1と第2ターミナルを結ぶ路線が、南側と北側に独立して2つあり、南線2両編成のうち1両と北線は制限エリア内、南線の1両はエリア外で誰でも無料で乗ることが出来ます。
車両は新潟鐵工所製で、2009年12月の時点では赤い塗装だったのですが、2011年3月に見かけた時は青系のものに変わっていました。
撮るだけ撮ってて未だに乗ったことが無いので、いずれ台湾へ行ったときは、少し早めに空港へ行って乗ってみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

三條イツキさんこんばんは
帰還おつかれさまでした。
第二ターミナルの知られざる鉄道?も廃止されるのですね。
十年くらい前に第一ターミナルが工事中だった頃は、ほとんどの航空会社が第一ターミナル発着だったので、私はよく利用させてもらいました。
桃園空港にもあるのですね。偶然ですが今週仕事の都合で台北へ行く予定です(^^;;
【2013/10/21 21:09】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]


すみません。訂正させていただきます。
ほとんどの航空会社が第一→第二

失礼しました
【2013/10/21 22:27】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]

Re: タイトルなし
こんばんは!コメントありがとうございますm(_ _)m

第2ターミナル完成後に第1発着便がごっそり第2へ移動、空いた第1を工事して…という流れだったので、もう20年近く前の話かと思います。
当時私は小学生で記憶が曖昧なのですが、工事中の第1ターミナルを利用したことがあって、恐らく開港時から変わっていないと思しき古風な喫茶店(カフェではありません(笑))に、これまた古びたインベーダーゲームが置いてあったのが印象に残っています。

おぉ台北ですか。
今の季節、台湾は天候が不安定なので…と思いきや、今週は日本の方が荒れそうですね(^-^;
どうか、お気をつけて!
【2013/10/24 23:05】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/761-febf67b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)