> 私鉄屋雑記帳 三陸縦断 #3 石巻線
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



三陸縦断 #3 石巻線

柳津から20分ほどで終点の前谷地に到着~。
ここで一旦途中下車して、近くにある有名な撮影地へ向かいます。


と、その前に小牛田方面から貨物列車が通過!
うわーん撮影地で撮りたかったよ…

なーんてね、ここは石巻線なので無問題だったりします(笑)


はぃ、撮影地に到着して30分ほど待つと、今度は石巻方面から貨物列車が。
しかも国鉄色!

主に石巻港にある製紙工場から紙を運んでいる石巻線では、一日最大8往復の定期貨物が設定されている貨物街道です。
そして現在は、紙を運ぶ以外にも重要な役目があるのですが、それはまた後ほど…。


普通列車の石巻行き。
こっち向きのアングルのが有名かもしれません。
趣のあるトンネルポータルと、この位置だと列車の影に隠れてしまいますが、トミックスのストラクチャーみたいな「わらぶき農家」が良いアクセントになります(藁)


小牛田方面からも、またまた国鉄色!!
「仙貨」所属のDE10は現在14両、そのうち国鉄色を纏うのは5両だそうで、どうやら今日は運が良いようです。


コンテナの色も揃っていて見栄えがしますね。


少し立ち位置を変えて、わらぶき農家と水田を入れてみました。
水鏡も狙えるかな?と思ったんですが、残念ながら結構風が吹いていたのでキレイに写らず…。


ちなみに、この普通列車は浦宿止まりです。
浦宿~女川の一区間は津波の被害が大きく、今も不通のままになっています。


あれ!?アイツは、さっき柳津→前谷地で乗ったキハ110ですね。
気仙沼線は一日9往復のうち、上り4本、下り3本は小牛田まで乗り入れています。


今度は更新色!
前谷地に着いてから2時間ちょっとの間に、合計4本の貨物列車が通りました。
前日が岩手開発鉄道だったので感覚がマヒしちゃってますが(笑)これは今どきの地方交通線としては、とても頻繁です。
そして、これだけまとまった数のDE10が活躍している場所も、他には無いでしょう。


そろそろ石巻へ行こうと前谷地駅へ戻ると…なんか派手なの来たwww

石巻ゆかりの漫画家、石ノ森章太郎のキャラクターが散りばめられた「マンガッタンライナー」です。
マンガッタンは以前から仙石線で走っていますが、震災の影響で肝心の石巻へ入線できなくなってしまったからか、今年3月から気動車バージョンが石巻線に登場しました。


車内に入って驚いたのは、キャラクターのシール…いや、それよりも何よりも貫通路が遠鉄みたくキノコ型をしていたこと!
ワンマン運転用に、車内の見通しを良くしたのでしょうか。


終点の石巻では、到着してすぐに切り離しが行われました。
後2両は折り返し15:23発の小牛田行きに、前2両は15:57発の浦宿行きになるようです。

反対側のホームから…と思ったら、コンテナ満載の貨物列車がホーム一杯に停まっていて撮れそうにない!


というワケで改札外から、後2両の出発したところを撮影。
信号やら標識やら結構ごちゃごちゃしていたので、思いっきり望遠で切り撮ったら島村さんに睨まれましたwww


顔を覗かせる前2両の仮面ライダーと、DE10たち。
ここで貨物列車は進行方向を変えて仙石線の支線、通称”石巻港線”へ入ります。

※海の向こうへ行って来るので、次回の更新は10月14日以降になります。
コメントの返信も後日になってしまうかもしれません、ご了承くださいm(_ _)m


#4へ>>>
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/739-1e1bc21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)