> 私鉄屋雑記帳 南北線1000系ラストラン!?
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



南北線1000系ラストラン!?
「南北線」「1000系」だなんて、どこにでもありそうな名前ですが、これは仙台市営地下鉄の話。
え!?仙台に後継車なんてデビューしてたっけ??


実は2003年より10年計画で、在籍する1000系全21編成をリニューアル中でして、更新済みのクルマは名前が”1000N系”に変わります。
なので、未更新のオリジナルな”1000系”は今月28日をもって見納めになる…という、とても地味ぃーなニュースですが、これが公式ページに運行スケジュールまで載っていたりしますw

地下鉄南北線1000系車両のラストランについて
https://www.kotsu.city.sendai.jp/subway/news/news/rasutoran.html

…というか公式リリースがなければ、地味過ぎて気が付かなかったでしょう(^-^;


先月、大船渡の帰りに仙台でマルヨして、たまたま地下鉄に乗ったら1000系が現れた次第。
そういえば更新で幕車が減ってるんだっけ…まぁ昼前に仙台を発てばいいし、いまのうちに記録しておくかーという軽いノリだったのですが、まさか残り1編成だったとは!


とりあえず手堅く形式写真が押さえられる場所、といっても仙台地下鉄をまともに撮影したのは今回が初なので、早乙女駅しか思い付きませんでした(笑)
まずは更新車の1000N系


富沢へ行っていた1000系が帰って来ました。


泉中央は一つ先なので、すぐに戻って来ます。

ところで、公式リリースに載っている1000系の特徴を見ると(改造により無くなってしまう主なもの)が、なかなかマニアックですw

・「字幕式行先表示器」
・「送風機のみの空調」
・「オレンジ色の床」
・「直流モーター」(2・3号車床下、1000N系車両と音が違います。)
・「断流器」(2号車床下、鼓を打つような音がします。)
・「空気式ワイパー」(1・4号車)

…なんと1000系って非冷房だったんですね。
屋根に室外機のようなものが乗っかっているので、てっきり冷房車かとwww

今見ても斬新なデザインをした1000系ですが、南北線開通当初の編成は、かれこれデビューから25年が過ぎようとしています。
この頃のクルマは造りがバブリーなこともあって、全く古さを感じさせません!


そうそう、仙台市営地下鉄に新車と言えば、再来年開業予定の東西線
まだCG段階なのですが、この路線へ導入される2000系という車両は、相変わらずドア窓に大きなRの付いた、仙台独自のデザインを受け継ぐようですwww
実車の登場が待ち遠しいですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/738-96865e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)