>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

魅惑のホキ18車を求めて #2

終点の岩手石橋に到着!
詰所で撮影許可を頂き、旅客ホームの跡地から入換えの様子を見学します。


暫くすると赤崎から空車がやってきました。
坂を登りきったところにある石橋駅はスイッチバック構造になっていて、一旦工場の前を通り過ぎてから、推進運転でホッパーへと入ってきます。



どんがらがっしゃーん!!!

巨大な米びつみたいな構造をしたホッパー、上から石灰石が降って来る度に物凄い音がwww
1度にホキ6両分の石灰石を積むことができるので、1列車につき3回、轟音が谷に響き渡ります。


で、3回目のどんがらがっしゃーん中に、すぐさま機関車の付替えが行われ、


駅員さんに見守られながら、港へ向けて出発!
2編成で40分ヘッドを維持するには、積み込んで→山を下りて→降ろして→山を登る、という1サイクルを80分で済ませなければならず、これが結構タイトで休む暇がありません。



工場から盛方面を向くと、列車が大きく蛇行しながら山を登って来るシーンを眺めることが出来ます。
終日逆光になってしまうのが残念ですが、ちょうど背後の山が雲を集め始めたので1本待ってみると、いい感じに太陽が隠れてくれました♪

こんな余裕があるのも本数が多いからこそ、ですね。


帰りは午後順光になるポイントを拾っていきます。
ずっと下り坂なので楽々ですw




長安寺~日頃市の板用というところには、編成写真をカッチリ撮れるスポットが点在しています。
が、そう都合よく雲は味方してくれないですねーorz


長安寺駅。
駅舎の窓辺にはタブレットが…!!


交換待ちのDDを撮っていると、後ろを国際興…ではなく、岩手県交通バスが横切りました。
途中で五葉温泉からの路線が合流して来るので、この辺りでは本数も多少増えます(但し日曜祝日は全便運休…(^-^;)



2本の列車が行ったり来たりしている開発線ですが、交換は長安寺と日頃市で、それぞれ交互に行われています。
これが日に数本とかだったら、どちらかの駅に統一してしまった方が良いんでしょうけど、ここでは少しでもスジを詰めて、とにかく多くの石灰石を運ばなければならない!
ダイヤから、そんな嬉しい悲鳴が聞こえてきそうです。



長安寺の盛方にあるトンネル。
これまた、いい具合に自然と同化していて絵になりますね。


盛まで戻り、再び機関庫を覗いてみるとDD5601が表へ出てきていました。
開発線には4台の機関車が在籍していますが、そのうち運用中の3台は正面窓が”タレ目”なのに対して、コイツだけは国鉄のDD13とそっくりな顔をしています。


朝は気付きませんでしたが、盛駅の旅客ホーム跡には通過を見守る駅員さんの姿も。
一声掛けてから撮影させて頂いたのですが、盛でも石橋でも、開発鉄道の方々は、我々テツに対してとても好意的だなと感じました。
そして沿線の皆さんも、大船渡での習慣なのか、よく挨拶が聞こえて来たことが印象に残りました。
普通に挨拶くらいするだろう?と思われるかもしれませんが、これが例え私のような他所者であっても、盛駅前のような市街地であっても、老若男女、アメリカ人かよ!?ってくらい、道ですれ違えば挨拶!なのですw
今まで色んな町の鉄道を撮り歩いて来ましたが、これほど1日の中で挨拶を交わしたことは無いんじゃないかと思うほど。

だから…というワケではありませんが、岩手石橋駅など敷地内から撮影される場合、必ず許可を得てからお願いします。
お互いに良い関係を維持しましょう!
関連記事
スポンサーサイト

北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/06/17(月) 22:39 ]

<<祝!かなりん開業50周年 塩浜編 | ホーム | 祝!かなりん開業50周年 銀座線甲種編>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/732-6af60001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ